海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >ハワイ >ハワイ >オアフ島(ハワイ) >ハワイの大人気お土産、ホノルル・クッキーの種類と買い方

ハワイの大人気お土産、ホノルル・クッキーの種類と買い方

2019年11月16日

パイナップル形の可愛らしい形と美味しさで不動の人気を誇るホノルル・クッキー

小麦粉をベースに、バターや砂糖を加えて作るショートブレッド・クッキーは、マカダミアナッツ・チョコレートやコーヒーと並ぶハワイの定番お土産。いくつものブランドが凌ぎを削るなか、不動の人気を誇るのがパイナップルの形をしたホノルル・クッキーです。形の可愛らしさと美味しさはもちろんのこと、ハワイならではのフレーバーとパッケージの種類が豊富で、お土産リストの筆頭に挙げる人は少なくありません。人気クッキーの種類と目的別の買い方、さらにお買いものがもっと楽しくなるイベント情報までご紹介します。

ハワイを代表するショートブレッド・クッキーの歴史と人気の理由を知る

多くの工程が手作業。完成品のチェックも厳しく行われている

ホノルル・クッキーを製造するホノルル・クッキー・カンパニーの創業は1998年。キース・サンさんとジャネット・サンさんご夫妻がプレミアム・ショートブレッド・クッキーのレシピを開発し、ビジネスをスタートさせました。ハワイ大学でアートを専攻した経歴をもつキースさん。「ハワイらしいデザインを取り入れたお土産を開発したい」との想いから、ハワイではアロハスピリッツの象徴であり、おもてなしの気持ちを表すパイナップル形のクッキーを作ることにチャレンジしたのだそうです。

クッキー生地の材料となる小麦粉やバターは最高級品質でフレッシュなものを、マカダミアナッツはハワイ産、ディップに使われるチョコレートは老舗ブランドのものを取り寄せるなど、素材を厳選。さらにホノルルにある工場では、熟練のスタッフたちが多くの工程を手作業で丁寧に行っています。フルーツゼリーやコーヒー豆を埋め込む作業、チョコレートのディッピングは一つひとつ手作業。パイナップルの形がデリケートで壊れやすいこと、パッケージの種類が多いこともあり、人の手で大切に扱われて最後の箱詰め作業が行われます。

素材を厳選し丁寧に作られたクッキーが美味しくないわけがありません。さっくりとした歯ざわりとバターの香り、軽い食感もあり、食べ始めると止まらなくなるという人が多いのです。

ハワイならではのフレーバーを一挙ご紹介。季節限定のフレーバー登場も楽しみ

フルーツピース、コーヒー豆を埋め込んだもの、チョコレートディップなどのバリエーションがある

創業当時、マカダミアナッツ、パイナップル、チョコレートなど数種類からスタートし、次々とバリエーションを増やして現在の定番フレーバーは14種類。季節によってレモンや抹茶風味などが、また、クリスマスやハロウィーン・シーズン限定品が登場することもあります。まず定番の14種類と、この冬のクリスマス・シーズンに味わってみたい限定フレーバーをご紹介しましょう。

●食べ比べて選びたい、定番のフレーバー14種類
・Butter Macadamia(バター・マカダミア)
マカダミアナッツとバターの素材のよさから生まれる、風味が引き立つシグネチャー・クッキー。

・Chocolate Chip Macadamia(チョコレートチップ・マカダミア)
サクサクのシグネチャー・クッキーに散りばめたチョコチップがアクセント。ひと口で食べられる小さなサイズもご用意。

・Chocolate Dipped Macadamia(チョコレート・ディップ・マカダミア)
バター・マカダミアと口どけのいいミルクチョコレートのハーモニーが優しい味わい。

・Dark Chocolate Coconut(ダークチョコレート・ココナッツ)
サクサクのクッキーとほろ苦いダークチョコレートに、香ばしいココナッツがアクセント。

・Dark Chocolate Kona Coffee(ダークチョコレート・コナコーヒー)
100%コナコーヒーを生地に混ぜ、ほろ苦いダークチョコレートをディップした大人向けの味。

・Dark Triple Chocolate Macadamia(ダーク・トリプル・チョコレート・マカダミア)
チョコチップとマカダミアナッツを混ぜたチョコレートクッキーに、ダークチョコレートをディップ。上質なチョコレートの風味を存分に味わえる。

・Kona Coffee(コナコーヒー)
最高級のコナコーヒーを生地に練り込み、本物のコーヒー豆をトッピング。豆のほろ苦さも味わえ、コーヒーとの相性抜群。

・Guava(グァバ)
グァバ風味のクッキーに甘酸っぱいグァバのフルーツピースをトッピング。トロピカルな風味が魅力。

・Pineapple Macadamia(パイナップル・マカダミア)
香ばしいマカダミアナッツとパイナップルの爽やかな甘酸っぱさを楽しめる、ハワイの香りがぎっしり詰まったクッキー。

・Mango Macadamia(マンゴー・マカダミア)
マンゴーの果実とマカダミアナッツを生地にたっぷり練り込んだ、トロピカル風味のクッキー。

・White Chocolate Coconut(ホワイト・チョコレート・ココナッツ)
ココナッツの香ばしさと、クリーミーなホワイト・チョコレートの食感が病みつきになる美味しさ。

・White Chocolate Dipped Macadamia(ホワイト・チョコレート・ディップ・マカダミア)
マカダミアナッツをたっぷり混ぜ込んだサクサクの生地に、まろやかなホワイト・チョコレートをディッピング。

・White Chocolate Kona Coffee(ホワイト・チョコレート・コナコーヒー)
コナコーヒー味のクッキーにミルキーなホワイト・チョコレートをディップ。まるでカフェオレのような味わい。

・White Triple Chocolate Macadamia(ホワイト・トリプル・チョコレート・マカダミア)
チョコレートクッキーにチョコチップとマカダミアナッツをブレンドし、まろやかなホワイト・チョコレートをディップした贅沢な味。

●クリスマス・シーズン限定フレーバー4種類(2019年12月25日までの販売)
・Dark Chocolate Peppermint(ダークチョコレート・ペパーミント)
ほろ苦いダークチョコレートとペパーミントのハーモニーは、濃厚なのに爽やかで大人もくせになる味。

・Peppermint Chocolate(ペパーミント・チョコレート)
チョコレートクッキーの中から香る、爽やかなペパーミントがアクセント。サクサクの食感とともに味わいたい。

・White Chocolate Ginger Spice(ホワイトチョコレート・ジンジャー・スパイス)
クリスマスにぴったりの、ジンジャーが香るクッキーに、クリーミーなホワイト・チョコレートをディップ。

・White Chocolate Pumpkin(ホワイト・チョコレート・パンプキン)
カボチャを生地に練り込んだクッキーにホワイト・チョコレートをディップ。パンプキンパイを食べているような楽しさ。

ショップでは試食&バラ売りも要チェック!

どのショップでもとてもフレンドリーなスタッフが迎えてくれる

ホノルル・クッキーのお店はオアフ島内に11店舗。どの店でも試食ができるので、気になるフレーバーはどんどん試してみましょう。さらにバラ売りもあり、気に入ったフレーバーや枚数を選んで無料のチェストボックスに詰めれば、オリジナルのギフトボックスができあがります。このチェストボックスは5個用、10個用、20個用、30個用の4種類。ギフトパッケージで買うより割安な上、1個ずつの個別包装だから、オフィスでのバラマキにはもちろん、自宅用にもぴったりです。

おしゃれなギフトボックスのバリエーションを知りたい! 

パイナップル型の缶入りパッケージ。これならスーツケースの中で壊れる心配がない

フレーバーの豊富さもさることながら、ギフトパッケージのバリエーションの多さも人気の理由。ちょっとしたプレゼントに便利な2~5個入りから、ゴージャスなギフトボックスまで20種類以上。アルミ缶のボックスは、スーツケースに詰めても潰れる心配がないうえ、食べ終わった後は小物入れとして使える楽しみも。用途や予算に応じて、贈る人の顔を思い浮かべながらお土産選びをするのも楽しいものです。ウェディング、誕生日、記念日用のパッケージもたくさん揃っています。注文個数の条件があるものもあるので、詳しくはウェブサイトをチェックしてみてください。

ニューデザインのフローラル・コレクションもお目見え
ホリデーシーズン限定フレーバーとパッケージの販売は2019年12月25日まで

チョコレートのディップを体験できるイベントが見逃せない!

ディッピングを体験できるショップイベントは店の外まで行列ができるほどの人気

数多いフレーバーの中でも、パイナップル形の下半分にチョコレートをディップしたクッキーの人気が群を抜いています。ショップではそのディッピングを体験できるイベントがあることを知っていますか? 2019年中の開催日程は以下の通り。この時期、ハワイへ出かけるならぜひとも体験してみてください。
ショップイベントはホリデーシーズンを中心に開催されますが、不定期なのでウェブサイトのイベント情報をチェックしましょう。

●Holiday Dipping Events 2019(2019年中のホリデー・ディッピング・イベント)
・11月20日 14:00~18:00(ビーチウォーク店、オアフ島)
・12月7日 12:00~16:00(ワイケレ・プレミアム・アウトレット店、オアフ島)
・12月10日 15:00~19:00(ショップス・アット・ワイレア店、マウイ島)
・12月14日 15:00~19:00(ホエラーズ・ビレッジ店、マウイ島)

ホノルル・クッキーをより美味しく食べるための保存方法と賞味期限

バターやチョコレートは鮮度が命。できたてが最も美味しく、保管温度にも注意を

厳選した新鮮な素材から作るホノルル・クッキーは、鮮度も重要。一般的なショートブレッド・クッキーの賞味期限は製造後6ヵ月から1年のものが多いのですが、ホノルル・クッキーの場合は4ヵ月とかなり短くなっています。保管は、風通しのいい涼しい場所で。ハワイでは、直射日光が当たる車の中や、気温が高くなる室内に放置しないように気をつけ、帰国後はなるべく早く食べることをおすすめします。

ホノルル・クッキー・カンパニーの主要ショップ

ルワーズ・ストリートにあるワイキキ・ビーチウォークのショップ。試食ができるサンプルコーナーもある

オアフ島内のショップは、ロイヤル・ハワイアン・センター、インターナショナル マーケット プレイス、アラモアナセンターなど主要ショッピングセンターのほか、ワイキキ・ビーチ・マリオット、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジなどのホテル内にも出店しています。パッケージのバリエーションは限られますが、DFSの1階やホノルル空港で購入することも可能。ハワイ旅行まで待ちきれない時や買い忘れたら、ウェブサイトのオンラインストアから注文し、国際宅急便で受け取ることもできます。

●オアフ島内の主なショップ
ロイヤル・ハワイアン・センター店
・住所: 2233 Kalakaua Ave., Honolulu
・TEL: (808)931-3330
・営業時間: 9:00~23:00

アラモアナセンター店
・住所: 1450 Ala Moana Blvd., Honolulu
(マカイ・マーケット、ダイヤモンドヘッド側)
・TEL: (808)945-0787
・営業時間: 月~土9:00-21:00(日9:00~19:00)

インターナショナル マーケット プレイス店
・住所: 330 Kalakaua Ave. #162, Honolulu
・TEL: (808)377-6545
・営業時間: 9:30~22:30

ワイキキ・ビーチウォーク店
・住所: 227 Lewers St., Honolulu
・TEL: (808)924-6651
・営業時間: 9:00~23:00

ワイキキ・ビーチ・マリオット店
・住所: 2552 Kalakaua Ave., Honolulu
・TEL: (808)922-2250
・営業時間: 9:00~23:00

●Honolulu Cookie Company(ホノルル・クッキー・カンパニー)
・URL: http://honolulucookie.co.jp(日本語サイト)
・日本国内専用フリーコール: 0120-974-896

まとめ

オアフ島を代表する人気お土産のひとつ

ホノルル・クッキーはハワイのロコの間でも人気が高く、ウェディングや誕生日パーティーのお返しやギフト、商談の際のお土産に使われることも多いのだとか。その美味しさ、クオリティの高さは誰に贈っても喜ばれること間違いなし。ハワイのお土産リストの筆頭にぜひとも加えてみてください。大切な人への贈り物、仲のいい友達へのお土産やバラマキ用に、そして自分用にも買い忘れないようにしてくださいね。

・文/永田さち子(『ハワイのいいものほしいもの』著者)
・写真/宮澤 拓(同書撮影)&ホノルル・クッキー・カンパニー

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 ガイドブック C01 ハワイ 1 オアフ島&ホノルル 2019年~2020年版

地球の歩き方 ガイドブック C01 ハワイ 1 オアフ島&ホノルル 2019年~2020年版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,700円+税
発行年月: 2019年04月
判型/造本:A5変並製
頁数:564
ISBN:978-4-478-82330-9

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース

ハワイの現地ツアー