海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >日本 >北海道 >北海道 >北海道・函館 函館山・元町・ベイエリア 夜景・ライトアップ鑑賞スポット5選!

北海道・函館 函館山・元町・ベイエリア 夜景・ライトアップ鑑賞スポット5選!

2018年09月25日

函館山山頂からの夜景鑑賞は外せない ©iStock

 北海道、道南の中心都市函館。函館観光といえば、函館山の山頂での夜景鑑賞は外せませんが、ほかの観光スポットも昼だけでなく、夜のライトアップも美しいのです。昼と夜、ふたつの顔をもつ、函館の観光スポットを厳選して5つ紹介します。

【1】函館山の夜景

夕方の山頂も絶景

 函館に行ったら、必ず訪問すべきところが函館山です。標高334mの山頂まで、麓からロープウェーで手軽にアクセスできます。山麓(さんろく)駅から山頂駅までは、3分の空中散歩です。125人乗りのゴンドラが、通常は10分間隔(混雑時は5分間隔)で運転されています。

 ただし、夜景鑑賞のために夕方以降はロープウェーが混雑し、乗車までに時間が掛かることがあります。往路は、路線バスで山頂を目指すというのもオススメです。路線バスは、JR函館駅からベイエリアを経由し、乗り換えなしで山頂まで行けます(片道400円、所要30分)。復路は、眼下の夜景を見ながらロープウェーで下山しましょう。

黄昏時の函館山山頂からの眺め

 函館山の夜景鑑賞では、夕方の少し前から山頂を訪れておくことをオススメします。山頂の展望台から眼下に広がる函館市内を見渡しながら、辺りが朱に染まり出す黄昏時の光景が何とも美しいからです。また、だんだんと空が暗くなってきて、少しずつ街中にライトが灯りはじめる光景も美しいです。

絶景の函館山の夜景 ©iStock

 辺りがすっかり暗くなると、あまりにも有名な夜景が目の前に。この夜景を見ようと大勢の観光客が展望台のデッキを埋め尽くします。夕方早めからの訪問をオススメするのは、デッキでの撮影ベストポジションの確保するためでもあるのです。

 大きなものはNGですが、夜景を綺麗に撮るためには小さな三脚は必須です。周囲の状況を見ながら、迷惑にならないように撮影したいところです。

 フランス発の旅行ガイドブック『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』の改訂第2版で、函館山からの眺望が三つ星として紹介されました。三つ星の絶景の眺め、オススメです。

■函館山ロープウェー
・URL: https://334.co.jp/

【2】函館聖ヨハネ教会

十字架を模した教会
ライトアップされた函館聖ヨハネ教会

 函館聖ヨハネ教会は、函館山ロープウェーの山麓駅の近くにあり、十字架を模した外観が特長です。また、闇夜に浮かび上がる教会も美しいので、函館山夜景を見た後に訪問してみてください。

■函館聖ヨハネ教会
・住所: 〒040-0054 北海道函館市元町3-23
・URL: https://hakodate-kankou.com/history/540/

【3】八幡坂

八幡坂も函館らしい景色
八幡坂の下からの眺め
青函連絡船記念館の摩周丸もライトアップされ・・・

 八幡坂は、函館のビュースポットのひとつとして有名です。八幡坂の名前の由来は、坂の上にある函館八幡宮なだとか。さらに、坂の突き当たりには、演歌の大御所・北島三郎さんが通った函館西高校もあります。

■八幡坂
・住所: 〒040-0053 北海道函館市末広町元町14

【4】元町公園「旧函館区公会堂」と「函館市写真歴史館」

白と黄色の外観が特長的な旧函館区公会堂
ライトアップされた旧函館区公会堂
港側から元町公園へ通じる「基坂(もといざか)」の下から

 旧函館区公会堂は、元町公園内にあります。明治43年に建てられた洋風建築です。なお、耐震補強などの工事のために2018年10月1日から2021年4月頃まで休館となるとのことです。

■旧函館区公会堂
・住所: 〒040-0054 北海道函館市元町11-13
・URL: http://www.zaidan-hakodate.com/koukaido/

旧函館区公会堂に隣接
ライトアップされた函館市写真歴史館

 函館市写真歴史館は、元町公園内にあり、旧函館区公会堂に隣接しています。明治42年に竣工の洋風建築物です。貴重な明治・大正期のカメラなどを展示する施設でしたが2016年に閉館となりました。現在は、1階で元町観光案内所が開設されています。

■函館市写真歴史館(元町観光案内所)
・住所: 〒040-0054 北海道函館市元町12-18

【5】ベイエリア・金森赤レンガ倉庫

夜の海に映る函館のベイエリア
ショッピングモールやレストランなどが入居する金森赤レンガ倉庫
幻想的な金森赤レンガ倉庫のライトアップ

 金森赤レンガ倉庫は、明治期に建てられた倉庫群で、土産品などのショッピングや食事ができる約50もの店舗が入っているスポットです。函館港に面して、レンガ造りの倉庫が建ち並ぶ光景は、フォトジェニックです。

■金森赤レンガ倉庫
・住所: 〒040-0053 北海道函館市末広町14-12
・URL: https://hakodate-kanemori.com/


 函館は、観光スポットが近接していて、効率的に回れるのがうれしいところです。函館山の夜景だけでなく、各観光スポットのライトアップも見てみてください。昼と夜で異なる函館の表情を楽しめることでしょう。

■函館・南北海道観光ガイド
・URL: https://hakodate-kankou.com/

≪ あわせて読みたい ≫
「大沼公園 函館に行くなら立ち寄りたい道南の絶景スポット!駒ケ岳と湖のコラボ!!」

 函館駅から特急列車で約30分の大沼公園の訪問もオススメです。詳しい情報は、「地球の歩き方ニュース&レポート(オリジナルサイト)」上でこの記事をご覧になっている方は、「関連記事はこちら」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、オリジナルサイトの記事内に設けられた黄色いボタン「関連記事はこちら」からお楽しみいただけます。

函館駅から特急列車で約30分の大沼公園
お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事