海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >日本 >関東 >東京 >空港で自販機感覚で使えるWi-Fiレンタルサービス「WiFiBOX」がサービス開始

空港で自販機感覚で使えるWi-Fiレンタルサービス「WiFiBOX」がサービス開始

2022年03月30日

国内でのまん延防止等重点措置終了や、水際対策措置の見直しなどが進んでいます。帰国後の待機期間など面倒なことはありますが、編集部でも海外取材するスタッフがちらほら出始めています。海外旅行の計画を立てている方に向けて、スタッフとの対面無しでWi-Fi端末が借りられる新サービス「WiFiBOX」を紹介します。

「WiFiBOX」とは?

※500MBの一日あたりのレンタル料。「Wi-Ho!」を従来型とし、比較。

「WiFiBOX」は、株式会社テレコムスクエアが2022年4月1日より提供開始するWi-Fiレンタルサービスです。日本を含む世界130の国と地域で利用でき、データプランは1日あたり500MB、1GB、無制限の3パターン。料金はエリアによって異なりますが、従来型より大幅に安い1日300円~でレンタルすることができます。

対面無しで完結 「WiFiBOX」レンタル方法

「WiFiBOX」で注目なのは、予約から返却までのシステムです。これまでのWi-Fiレンタルサービスでは実際に店舗や空港内のカウンターへ行って契約し、利用後は借りた場所へ返却という流れでした。「WiFiBOX」はまずWebでレンタル予約を行い、空港などのWi-Fi設置場所で直接受取・返却できるため、対面でのやり取りが発生しません。

空港でしか味わえない食事や現地で使うもののショッピングなど、旅は飛行機に乗る前から始まっているもの。混雑時に余計な時間を使いたくない、時間をスマートに使いたい方や、あまり対人の接触を増やしたくない、という方に役立つサービスになるかもしれません。ちなみに予約は空きがあれば当日でも可能。成田、羽田、関西空港をはじめ順次全国に設置予定とのことで、ぜひ一度チェックしてみては? 


株式会社テレコムスクエア
URL:https://www.telecomsquare.co.jp/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース