海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >日本 >近畿 >大阪 >『えんとつ町のプペル』の世界観を表す、頓堀宿泊室 TOMBORI GUEST HOUSEが大阪に誕生!

『えんとつ町のプペル』の世界観を表す、頓堀宿泊室 TOMBORI GUEST HOUSEが大阪に誕生!

2020年09月01日

『えんとつ町のプぺル』

タレント、絵本作家のキングコング西野亮廣(にしのあきひろ)氏の作品『えんとつ町のプペル』の世界観を再現した宿泊施設「頓堀宿泊室」が大阪・日本橋に完成しました。2020年9月1日より宿泊予約の受付を開始します。

大人がワクワクする隠れ宿「頓堀宿泊室 TOMBORI GUEST HOUSE」

作品の世界観を表現

キングコング西野亮廣氏が手掛けた人気の絵本『えんとつ町のプぺル』。 累計発行部数は45万部を突破し、2020年12月25日には 映画の公開が予定されています。今回、 新たに“えんとつ町”の世界観を再現した宿泊施設が、大阪市中央区「ミナミ」のど真ん中、道頓堀からすぐの日本橋駅徒歩1分の場所に完成しました。

西野亮廣氏(右)、左は運営会社リンクス代表の毛利氏

6階建で総戸数18戸のマンションの中の1室のみで、広さ40平方メートル、セミダブルベッド2台のツインルームで、収容人数は原則として大人2名まで(添い寝の子供2名まで可)。
所在地は隠れ宿のため、ホームページから予約した方のみに詳細が伝わります
(住所などは非公開)。

■「頓堀宿泊室 TOMBORI GUEST HOUSE」公式HP
・URL: https://www.tombori.jp/

設計、準備に8ヵ月かかったとのこと


泊まれるギャラリー「頓堀宿泊室 TOMBORI GUEST HOUSE」

世界観を表現するため細部のデザインに注力

今回の宿泊施設をデザインしたのは、 西野氏関連の個展やイベント、全国各地のスナックCandy、 エッフェル塔の光る絵本展や天才万博、ラオスの小学校などを手がける一級建築士で空間デザイナーの只石快歩氏です。頓堀宿泊室の名称は、西野亮廣氏と只石快歩氏が名づけました。

只石快歩氏

エイジングされた内装、エアコンやデスク、照明器具などの細部にまで“えんとつ町感”のこだわりが見られます。また室内に入って正面の壁には、いかにもえんとつ町の画家が描いたような油絵が飾られています。
それは映画のクライマックスシーンでもある「えんとつ町の歴史的瞬間」を描いた風景画として、世界で唯一の油絵であり、この部屋の目玉ともいえます。ファンタジーと現実の境界線を曖昧にしてくれる泊まれるギャラリーもしくは、アート作品なのです。

■只石快歩氏による内覧会を文字起こししたブログ
・URL: https://note.com/tombori/n/n41c43d78a75a

■運営会社(株)リンクス代表、毛利氏のメッセージ動画
・URL: https://youtu.be/5R0opyYoG6c

床のタイル
壁のスイッチ
随所に徹底した作り込みがなされている

「頓堀宿泊室 TOMBORI GUEST HOUSE」に日本国内からのみならず、 世界中からたくさんの『えんとつ町のプペル』のファンが泊まりにくることでしょう。

>>>>(関連記事)大阪観光に役立つ関連記事はこちら


・・・・・・・・・・・・・・
最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した宿泊施設において、上映日の変更や延期の可能性があります。最新情報は、各公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・

※当記事は、2020年9月1日現在のものです

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース