海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >日本 >九州 >熊本 >樹齢400余年「一心行の大桜」は必見! 春に訪れたい熊本の絶景3選

樹齢400余年「一心行の大桜」は必見! 春に訪れたい熊本の絶景3選

2018年03月19日

春に訪れたい熊本の絶景3選

春に訪れたい熊本の絶景を3つ紹介します。春の熊本を訪れたのなら、ぜひとも立ち寄って欲しい絶景スポットがあります。樹齢400余年を誇る「一心行(いっしんぎょう)の大桜」を筆頭に、日本のさくら名所百選に選ばれた「湯の児海岸道路桜並木」や、天草の海が一望できる「観海アルプス」は必見です。熊本旅行をより一層楽しいものにする絶景スポットへ、ぜひ足を運んでみてください。

樹齢400余年「一心行(いっしんぎょう)の大桜」

伯耆守惟冬(ほうきのかみこれふゆ)の菩提樹

春に訪れたい熊本の絶景は、熊本県阿蘇郡南阿蘇村にある「一心行(いっしんぎょう)の大桜」です。「一心行(いっしんぎょう)の大桜」は、樹齢400年以上を誇る阿蘇の大桜です。木の高さは14メートル、枝の差し渡しは東西21.3メートル、南北26.0メートルと桜の木としては日本最大級です。

「一心行(いっしんぎょう)の大桜」の周りは、菜の花畑に囲まれ、開花時期もほぼ桜と同時期のため、桃色の桜の花と黄色の菜の花のコントラストを楽しむことができます。

「一心行(いっしんぎょう)の大桜」は、1580年に矢崎城(熊本県宇城市)で戦火に敗れた伯耆守惟冬(ほうきのかみこれふゆ)の菩提樹です。当時、伯耆守惟冬と家臣の霊を弔うために、一心に行を修めたということから「一心行」の名前が付いたそうです。

■ 一心行(いっしんぎょう)の大桜
・住所: 〒869-1505 熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字中松
・URL: http://kumanago.jp/event/?mode=detail&id=430000003064&isEvent=&isSpot=1

日本さくら名所百選に選ばれた「湯の児海岸道路桜並木」

約5キロメートルにわたる桜のトンネル

春に訪れたい熊本の絶景は、熊本県水俣市にある「湯の児海岸道路桜並木」です。「湯の児海岸道路桜並木」は、日本のさくら名所百選に選ばれた水俣市チェリーラインの一角で、もっとも桜がきれいに見える場所です。

「湯の児海岸道路桜並木」は、地元では「湯の児チェリーライン」とも呼ばれ、桜の開花時期には、約5キロメートルにわたり桜のトンネルが連なります。桃色に華やぐ桜のトンネルと、紺碧に煌めくリアス式海岸の海とのコントラストは見応え充分です。

また、海上から「湯の児海岸道路桜並木」が楽しめる海上花見船も人気です。潮風に吹かれながら、のんびりと見上げる桜の風景は言葉にならないほどの美しさです。なお、「湯の児海岸道路桜並木」を抜けた先には、洞窟風呂や桶風呂が有名な湯の児温泉があります。

■ 湯の児海岸道路桜並木
・住所: 〒867-0009 熊本県水俣市大迫湯の児
・URL: http://minamata-kbk.or.jp/info2_dtl.php?rtn1=sel&rtn2=c01&info_id=73

天草の海が一望できる「観海(かんかい)アルプス」

天草の多島美が広がる

春に訪れたい熊本の絶景は、熊本県上天草市にある「観海(かんかい)アルプス」です。「観海(かんかい)アルプス」とは、高舞登山(たかぶとやま)から金比羅山(こんぴらさん)、白嶽(しらたけ)、念珠岳(ねんじゅだけ)を経て、龍ヶ岳に至るまでの約4.5キロメートルの九州自然遊歩道です。

「観海(かんかい)アルプス」は、その名の通り、天草の海を一望できる登山道です。東には、八代海、阿蘇連山を望み、西には有明海、雲仙岳を眺めながら山登りを楽しめます。登山者の視線の先には、標高300~400メートル級の山が連なり、眼下には天草の多島美が広がります。

■ 観海(かんかい)アルプス
・住所: 〒861-6101 熊本県上天草市
・URL:  http://www.t-island.jp/p/spot/detail/191

いかがでしたか。春に訪れたい熊本の絶景を3つ紹介してきました。熊本旅行をより一層楽しいものにする絶景スポットへ、ぜひ足を運んでみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事