海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >中東 >トルコ >イスタンブール >夏休みが待ち遠しい! 2019年夏休み海外旅行予約急上昇ランキング

夏休みが待ち遠しい! 2019年夏休み海外旅行予約急上昇ランキング

2019年07月07日

スルタンアフメト・モスク(トルコ)

旅行会社エイチ・アイ・エスが発表した「夏休み 海外旅行予約急上昇ランキング」を紹介します。国内最大級の旅行商品を取り扱うエイチ・アイ・エスは、夏休み(2019年7月13日~9月30日)の予約状況から、海外旅行の予約動向について「夏休み 海外旅行予約急上昇ランキング」を発表しました。今、人気の海外旅行先はドコなのでしょうか。

人気急上昇中の国はドコ?

ルメリ・ヒサル(トルコ)

夏休み(2019年7月13日~9月30日)の予約状況から、旅行会社エイチ・アイ・エスは「夏休み 海外旅行予約急上昇ランキング」を発表しました。令和最初のお盆休みは最大9連休になる人も多いようで、すでに夏休みの予約はいっぱいになりつつあるようです。海外旅行で人気急上昇中の国は、イスタンブール(トルコ)。そして、極東のウラジオストク(ロシア)も人気という結果になりました。

■夏休み 海外旅行予約急上昇ランキング
1位 イスタンブール(トルコ)
2位 ウラジオストク(ロシア)
3位 ヤンゴン(ミャンマー)
4位 西安(中国)
5位 バルセロナ(スペイン)

■夏休み 海外旅行予約急上昇ランキングの調査内容
・調査対象出発日:2019年7月13日~9月30日
・調査対象予約時期:2019年6月18日時点

1位 イスタンブール(トルコ)

トプカプ宮殿(トルコ)

ランキングの1位は、イスタンブール(トルコ)となりました。地政学リスクにより観光需要の減少していたトルコは、近年回復傾向にあります。トルコへの外国人旅行者数は、現地通貨の下落や治安改善により2018年は過去最高を記録したそうです。世界中からの観光客の来訪により、イスタンブールのホテル稼働率は欧州方面のなかでも好調とのこと。

2位 ウラジオストク(ロシア)

ウラジオストク中央広場(ロシア)

ランキングの2位に、極東ロシアのウラジオストクがランクインしました。日本から直行便で約2時間30分、時差は1時間と、「日本に一番近いヨーロッパ」として、今、女性を中心に人気の都市です。

通常、日本国籍の人が渡航する際にはビザの取得が必要なロシアですが、ウラジオストクはインターネット経由で取得が可能な電子ビザで入国することができます。同じロシアでも、渡航手続きの容易さが人気急上昇の大きな要因でしょう。治安もよくかわいいカフェが多く、新しい女子旅のトレンドになっています。

3位 ヤンゴン(ミャンマー)

ポッパ山(ミャンマー)

ランキングの3位には、2019年9月末までビザが緩和されているミャンマーがランクインしました。2018年10月より1年限定でビザ条件を試験的に緩和したことにより、ミャンマーへの日本人渡航者数は大幅に増加しているそうです。世界三大仏教遺跡のひとつパガン遺跡は、2019年、世界遺産に登録の勧告がされており、決定した際にはますます注目度があがるでしょう。

いかがでしたか。旅行会社エイチ・アイ・エスが発表した「夏休み 海外旅行予約急上昇ランキング」を紹介しました。ランキング結果を参考に、夏休みの海外旅行先を決めてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー