海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >オセアニア >オーストラリア >シドニー >「コロナ後の旅行計画に役立てよう!ディープなオーストラリア旅知識を楽しく学ぶ -あの観光地でも取り入れられていた!?自然を守りながら旅を楽しむひみつ編-」第13回 地球の歩き方大学 開催レポート

「コロナ後の旅行計画に役立てよう!ディープなオーストラリア旅知識を楽しく学ぶ -あの観光地でも取り入れられていた!?自然を守りながら旅を楽しむひみつ編-」第13回 地球の歩き方大学 開催レポート

2021年11月29日

オープニングの画面

2021年11月10日(水曜日)20時~、オーストラリア政府観光局と地球の歩き方大学との共同企画『コロナ後の旅行計画に役立てよう!ディープなオーストラリア旅知識を楽しく学ぶ -あの観光地でも取り入れられていた!?自然を守りながら旅を楽しむひみつ編-』を開催いたしました。ご覧いただけなかった方、また再度雰囲気を想い出したい!という方、当日のアーカイブをぜひご覧ください(記事最後にリンクをご案内)。ここでは、当日の内容の一部をご紹介いたします。

「コロナ後の旅行計画に役立てよう!〜ディープなオーストラリア旅知識を楽しく学ぶ」全3回シリーズの記念すべき第1回目

右上 デレックさん、左下 畑井さん、右下 吉橋さん、左上 伊藤さん 宮田編集長

今回は、オーストラリア政府観光局と地球の歩き方大学との共同企画で開催する全3回シリーズ「コロナ後の旅行計画に役立てよう!〜ディープなオーストラリア旅知識を楽しく学ぶ」の記念すべき第1回目。
案内人には、オーストラリア政府観光局からデレック ベインズさん、現地ブリスベンにある、ローンパインコアラ保護区から畑井茜さん、さらに、ケアンズからグレートバリアリーフのフランクランド島へのクルーズ会社、吉橋直希さんをお招きし、地球の歩き方オーストラリア編担当編集者の伊藤伸平さん、地球の歩き方編集長 宮田崇の5名で「オーストラリアの自然を守る活動の裏側、私たち旅行者が現地で気軽に参加できるアクティビティ」などについてトークセッションで語り合いました。

オーストラリアの最新情報からスタート

シドニーの最新画像と共に紹介

1時限目はデレックさんからオーストラリアのホットな最新情報をご案内。
オーストラリアでのワクチン接種率も高まり、長かったロックダウンも解除され、人々は街やビーチに繰り出していること。シンガポールの人たちとの国境再開も11月21日から開始され、さらにカンタス航空が12月中旬より日本路線を再開予定!と最新の画像と共に嬉しいニュースをたくさん伝えていただきました。

ローンパインコアラ保護区での動物保護活動を学ぶ

畑井さんよりローンパインでの活動や動物保護についてご紹介

2時限目からは現地とつないでのトークセッション。まずはブリスベンのローンパインコアラ保護区からコミュニケーションズマネージャーの畑井茜さんがご登場。
ローンパインの歴史やコアラだけでなくさまざまな動物がいること、さらに動物保護活動を動画や画像や見ながら、ご紹介をいただきました。
コアラの労働時間基準やその日のコアラの体調によって、活動が決まること。
家族連れで体験できるアクティビティやローンパインで行っている動物保護のための支援活動をご紹介。

パン屋ファミリー(コアラの名前)

また、畑井さんたちが決めているコアラの名前(パン屋ファミリー)やつい最近生まれ、畑井さんがお世話を担当する通称アカネコアラの愛らしい姿の画像をみせていただくと、チャット欄も大盛り上がり!
デレックさんからは2019年に発生した山火事で被害を受けた被災地は復興しつつあるが、そのお手伝いとしてコアラのための木を植える活動についても紹介いただきました。

■ローンパインコアラ保護区
・URL: https://lonepinekoalasanctuary.com/

フランクランド島での海洋環境保護を学ぶ

吉橋さんよりさまざまな海洋生物のご紹介

続いてケアンズからグレートバリアリーフ・フランクランド島へのクルーズ会社、吉橋直希さん、通称ジミーさんがご登場。
グレートバリアリーフの大きさやそこに生息する珊瑚や魚類の豊富さ。フランクランド島へのツアーは常に環境に配慮して、人数限定で催行していること。さらにクラウンフィッシュ(ニモのモデル)やナポレオンフィッシュはとってもフレンドリー。そして生きている途中で性転換していく!というなかなか知られていなかったお話のほか、最近ジュゴンが戻ってきたことや、例年11月末にはサンゴの産卵時期を迎え、海の中に入るととても貴重な体験ができることなども画像と共にご紹介。

フレンドリーなナポレオンフィッシュ

そして、最後にマングローブ林や熱帯雨林の森がグレートバリアリーフの海に養分を与えていることから、森も海も大切にしていくことを考えながら旅をしてもらいたい、とのメッセージをいただきました。

■フランクランド島クルーズ
・URL: https://www.franklandislands.com.au/

オーストラリアで体験してほしいエコリゾートでの滞在

エコリゾートでの滞在を次の候補に

これからの滞在先を選んでいく際のヒントとしてオーストラリア各地にあるエコリゾートから3軒を厳選。立地するロケーションや滞在先でのアクティビティなど3軒を伊藤さんがご紹介。デレックさんからもラグジュアリーな旅も良いけれど、このようなオーストラリアの環境に優しいエコな旅も非常に人気で、ぜひ次回の旅で選択してほしい、と力強いコメント。
紹介した3軒はこちらです。

“世界一幸せな動物”クオッカの生息地として有名なロットネスト島

■ディスカバリー・ロットネスト・アイランド(西オーストラリア州、ロットネスト島)
・URL: https://www.discoveryholidayparks.com.au/discovery-rottnest-island

世界遺産ブルーマウンテンズの広大な森の中に立地

■エミレーツ・ワン& オンリー・ウォルガン・バレー(ニュー・サウス・ウェールズ州、ウォルガンバレー)
・URL: https://www.oneandonlyresorts.com/wolgan-valley

朝や夕方にはウォンバットやワラビーなどの野生動物との遭遇も

■クレイドルマウンテン・ロッジ(タスマニア州)
・URL:  https://www.cradlemountainlodge.com.au/

案内人全員で質問に回答

第3時限の質疑応答コーナーでは「コアラは名前で呼んでも反応する?」「オーストラリアの物価は?」「ウミガメのタマゴの性別は?」などの質問も寄せられ、案内人の方々に詳しく回答をしていただきました。
最後にオーストラリア政府観光局からのプレゼント、そして次回(12月1日)のご案内も発表され、立体音響を使用したオーストラリアの美しい風景動画「8Dエスケープ」の映像をご覧いただき、今回は閉講しました。

終了後のアンケートにも多くのご回答をいただきましたので、2つほど紹介します。
・森も海もいろんな情報を盛りだくさんで教えていただいたので、とても行きたくなりました。
・とても楽しい時間でした。ゲストの方々に詳しいお話を聴けてワクワクしました。行きたいーという気持ちが高まったのと、環境・動物保護のことももっと学び意識したいと思いました。
など多くの方々から温かいメッセージをいただきました。

ご視聴いただいた皆さま、オーストラリア政府観光局の皆さま、ローンパインコアラ保護区の畑井さん、フランクランド島クルーズの吉井さん、ありがとうございました。

■同日のアーカイブはこちらからご覧いただけます。



第2回は「オーストラリアの食を楽しみながら旅をする」をテーマに12月1日(水)20時より開催

第2回もぜひご参加ください

オーストラリア政府観光局x地球の歩き方大学の全3回シリーズはこのあと、第2回を12月1日(水)20時~開催いたします。次回のテーマは「食」。「オーストラリアの食を楽しみながら旅をする」と題し、現地からの案内人にもご参加いただいてお送りいたします。ぜひご参加ください。詳細はこちら。
・URL: https://arukikatadaigaku14.peatix.com/

これからも地球の歩き方大学ではまだ見ぬ未知の旅先や再び訪れたい旅先の旬な情報を今後もより多くの旅を愛する人々にお届けしてまいります。

■オーストラリアの最新情報
2021年12月1日より、新型コロナワクチン接種完了者を対象に観光目的のオーストラリアへの渡航が再開いたします。詳細はオーストラリア政府観光局やオーストラリア大使館のウェブサイトをご確認ください。
・URL: http://www.australia.jp/
・URL: https://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/pr2021_tk21.html
・URL: https://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/visa_main.html

■地球の歩き方大学の開催情報はこちら。
・URL: https://arukikatadaigaku.peatix.com/

※当記事は、2021年11月29日現在のものです

〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
2021年11月29日現在、国によってはいまだ観光目的の海外渡航は難しい状況です。『地球の歩き方 ニュース&レポート』では、近い将来に旅したい場所として世界の観光記事を発信しています。渡航についての最新情報は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。
◎外務省海外安全ホームページ
・URL: https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
◎厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
・URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

旅したい場所の情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス収束後はぜひお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを心より願っています。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース