海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >オセアニア >ニュージーランド >オークランド >【2022年8月 ニュージーランド 旅の最新事情】観光客の受け入れ開始。隔離不要となる

【2022年8月 ニュージーランド 旅の最新事情】観光客の受け入れ開始。隔離不要となる

2022年08月04日

ニュージーランドの北島にある大都市オークランド

2022年5月2日から査証免除国からの旅行者に対する入国制限を撤廃したことにより、日本人も、渡航前にワクチンを2回以上接種している場合は、管理隔離施設や自主隔離なしでニュージーランドに入国できるようになりました。6月20日以降は、入国者の渡航前検査による陰性証明の取得も不要となっています。

ニュージーランドのコロナ感染状況

南島でよく見かけるヒツジの放牧風景

ニュージーランドでは2022年7月下旬現在、毎日7000~9000人ほどの新規感染者が報告されています。
2022年5月27日~6月27日の報国では全体の94%がオミクロン株でした。7月5日には国内初のBA.2.75感染者が報告されています。

国民のワクチン接種状況

2022年7月28日現在、12歳以上のワクチン接種対象者のうち、1回目の接種済みが96%、2回目が95%とかなり高い割合になっています。

屋外でのマスクの着用状況

オークランドの中心部では6割程度の人がマスクを着用していますが、他の地域では低い傾向があります。また最近は、マスク着用率が下がっている印象があります。
公共交通機関(バス、飛行機、タクシー、フェリーなど)、図書館や博物館といった公共施設(屋内のみ)、病院、介護や老人施設、スーパーマーケットではマスク着用が義務付けられています。

国内での感染の検査方法

現在はRAT(迅速抗原検査)を使って自分で検査するのが一般的。PCRはよほどのことがないと行いません。検査キットは薬局やスーパーで販売しています(1セットNZ$8くらい。5セット程度まとめて購入すると割安になります)。また、検査センターなどへ行くと無料でもらえます(公式サイトから事前申し込みが必要)。

RATで陽性と判断されたら

RATテストで陽性判定が出たらサイトから報告し、軽症の場合は基本的に、自宅で7日間自主隔離となります。陽性判定日もしくは症状が出た日を0として7日間の隔離期間が終わったら検査不要で隔離は終了となり、仕事や学校に戻れます。
ただし症状がまだ出ている場合は症状が出なくなるまで自宅待機し、症状が治まってから24時間経つと隔離終了となります。特に届け出などは不要です。

ニュージーランドへの入国

オークランド国際空港のマスク着用の看板

3ヵ月以内の観光・業務・経由(入国しない場合も含む)目的での渡航に際しては査証取得は免除されますが、渡航前にNZeTA(電子渡航認証)の申請・取得が必要(申請には72時間程度要するので余裕をもって)。
取得から2年間有効、またはパスポート有効期限のいずれか早いほうが有効期間で申請料NZ$12(アプリからはNZ$9)と、「環境保護・観光税」NZ$35が必要。

■ニュージーランド移民局(New Zealand Immigration)
・URL: nzeta.immigration.govt.nz

ワクチン接種証明書と旅行申告書(NZTD)

NZeTA(電子渡航認証)に加え、2022年7月末現在、ワクチン接種証明書と、旅行申告書(NZTD)の提出が必要となります。
ワクチンはニュージーランドへ向けて出発する14日前までに接種を完了していること。政府または認証された機関、日本の市区町村が発行した紙またはデジタル証明書が必要です。
旅行申告書(NZTD)は出発日の28日前以降、出発日までに申請が必要。以下のサイトにニュージーランドのおける連絡先やワクチン接種証明書、フライト情報などを登録します。
入国条件を満たしていると登録メールにTraveller Pass(渡航バス)のQRコードが送られてきますので、入国時に提示します。

・URL: www.travellerdeclaration.govt.nz

入国後の自己隔離は不要

入国後の自己隔離は不要となりましたが、入国後に2回の抗原検査キットによる検査が必要です。
タイミングは到着後24時間以内と5〜6日目の2回です。ただし、到着後5〜6日後に出国する場合には2回目は不要となります。

ニュージーランド→日本への再入国

アオラキ/マウントクック周辺のハイキングルート

ニュージーランドから日本への再入国は、日本の空港での検査は不要。ただし、72時間以内にニュージーランドで受検した出国前検査証明書の提出、質問票WEBの登録などが必要となります。

ニュージーランドでのPCR検査

Rako Scienceで受ける場合は、以下のサイトに入り、検査場所を指定、名前やパスポート番号などを記入して予約をします。検査の結果は24時間以内にメールにて受け取ることができます。料金はNZ$175(6時間以内に結果が出る検査はNZ$325でオークランド国際空港のみ)。

・URL: https://www.rakoscience.com

または、GP(一般医)もしくは公共の検査センターで有料のPCR検査が可能です。ただし、要予約で日本のフォーマットを利用する旨を事前に伝える必要があります。

・URL: https://www.healthpoint.co.nz/covid-19/?covidTesting=im%3A1091918

旅のバイブル「地球の歩き方」ガイドブック

地球の歩き方 ガイドブック C10 ニュージーランド 2020年~2021年版

「地球の箱庭」とよばれるニュージーランドはまさに自然の宝庫。日本の約4分の3の国土の中に、氷河によって浸食された美しいフィヨルド、透明な湖、3000メートル級の山々などダイナミックな世界が広がっています。本書は、ニュージーランドの魅力あふれる大自然や町の情報、アクティビティ情報などを満載しています。

■地球の歩き方 ガイドブック C10 ニュージーランド 2020年~2021年版
・URL: https://hon.gakken.jp/book/2080133200

※当記事は、2022年8月4日現在のものです

TEXT: 『地球の歩き方ガイドブックC10 ニュージーランド』編集担当 グルーポ ピコ 今福直子   
PHOTO: (c)iStock

〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
2022年8月4日現在、国によってはいまだ観光目的の渡航が難しい状況です。『地球の歩き方 ニュース&レポート』では、近い将来に旅したい場所として世界の観光記事を発信しています。渡航についての最新情報は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。
◎外務省海外安全ホームページ
・URL: https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
◎厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
・URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
旅したい場所の情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス収束後はぜひお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを心より願っています。

≫≫≫(関連記事)
各国の海外旅行最新事情はこちら

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 ガイドブック C10 ニュージーランド 2020年〜2021年版

地球の歩き方 ガイドブック C10 ニュージーランド 2020年〜2021年版

地球の歩き方編集室
定価:1,870円(税込)
発行年月: 2019年10月
判型/造本:A5変並製
頁数:512
ISBN:978-4-05-801332-8

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース