海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >リゾート >サイパン >サイパン >透明度抜群の海!満天の星空!3時間半で行ける楽園とは

透明度抜群の海!満天の星空!3時間半で行ける楽園とは

2019年07月29日

アクアリゾートクラブサイパン

夏休みの予定は決まりましたか?なかなか長い休みが取れなくても、青い空と海の中で過ごしたいですよね。そんなときのオススメは、サイパン!2019年8月・9月は、直行便が飛び、成田空港からのフライト時間は3時間半!透明度抜群の海はマリンアクティビティが盛んで、夜は満点の星空が観られます。ホテルでゆっくり過ごすも良し、アクティブに過ごすも良しのサイパンについて紹介します。

サイパンってどういうところ?

なんといっても綺麗な海に心を奪われる ©Junji Takasago / MVA

旅行会社でも「グアム・サイパン」というようにグアムと同じように取り扱われがち。みなさんは「サイパン」にどういうイメージを持っているでしょうか?

サイパンの時間は、グアムよりもさらにのんびり流れています。よって、バカンスを楽しむには最適!また、ベストビーチ1位にも選ばれたことがあるマニャガハ島に代表されるように、サイパンはとにかく海が綺麗。

ダイビングはもちろんのこと、シュノーケリングやパラセーリング、バナナボートなど数多くのマリンアクティビティが楽しめます。ただただ海辺でのんびりしててもいいですし、浮き輪でプカプカ浮いているだけでも最高の気分です。

マニャガハ島/©Junji Takasago/MVA
マイクロビーチ/©Junji Takasago/MVA
オブジャンビーチ/©Junji Takasago/MVA
夕日の時間は最高にチル! マイクロビーチ/©マリアナ政府観光局/MVA

サイパンの絶景を楽しむなら「禁断の島」がオススメ。いくつかの旅行会社がトレッキング&シュノーケリングツアーを催行しています。環境保護のため、島への上陸は政府によって禁じられていますが、島の手前までジャングルをトレッキングし、着いた先には絶景が。「禁断の島」周辺には、天然のプールが多くあり、シュノーケリングを楽しむことができます。

「禁断の島」 天然のプール/©Junji Takasago/MVA

夜のサイパンは「星の降る島」。日本ではごく限られた地域でしか観ることができない「南十字星」も観ることができます。「スターゲイジング(星空観賞)ツアー」もありますので、チェックしてみてください。

夜もサイパンの自然を感じて/©Junji Takasago/MVA

日本のアーティストが作り上げたアートスポット

2人の日本人アーティストが約2ヶ月間滞在した/©マリアナ政府観光局/MVA

サイパンには、実はフォトジェニックなポイントもたくさんあります。2018年、日本からアーティストが長期滞在をして、サイパンにあるさまざまなパブリック・スペースをアート表現で素敵に変身させたからです。南国の太陽に照らされた鮮やかなアートは、フォトジェニックで、気分も高揚します!

観光局のオフィスもアートスペースに/©マリアナ政府観光局/MVA
サイパン国際空港の到着ロビーも鮮やかに/©マリアナ政府観光局/MVA

ダイバーの楽園

グロット/©Kirin Sekito/MVA

サイパンは、ダイバーを満足させるダイビングスポットが多数点在しています。先述の通り、海は抜群の透明度で、サイパン随一の青の洞窟「グロット」や、魚の住処になっている沈船「松安丸」、人懐っこい亀や巨大なアジ玉に出会うことができる「ラウラウビーチ」など、満足度100%なこと間違いなしです。

オブジャンビーチ/©Kirin Sekito/MVA
スポットライト/©マリアナ政府観光局/MVA

リピーターはロタ島、テニアン島も行ってみて!

ソンソン村展望台(ロタ島)/©マリアナ政府観光局/MVA

サイパン島は、北マリアナ諸島に属しており、他にも「ロタ島」「テニアン島」に観光で行くことができます。

ロタ島は、サイパン島から小型飛行機で30分ほど。サイパン島よりもさらに透明度の高い海と、のんびりと流れる時間が特徴。第2次世界大戦時に受けた傷跡が少ないため、原生林も多く残っています。そのため、バードウォッチングも有名。ダイビングスポットも多く、水中洞窟の通称「ロタ・ホール」には世界中からダイバーが訪れます。

島内の「千本ヤシ」(ロタ島)/©マリアナ政府観光局/MVA
ロタホール(ロタ島)/©Sachi Murai/MVA

テニアン島は、ロタ島よりさらにサイパン島から近く、小型飛行機で15分ほど。日常を忘れ、ただただのんびりしたい――。そんなときは、テニアン島に行ってみてください。青い海に囲まれたのどかな風景が広がっています。

島の中央部を南北に走るメインロードは、「ブロードウェイ」と名づけられています。諸説ありますが、島の形がニューヨーク・マンハッタン島に似ているために、この名前が付けられたのだとか。本家とは違い、樹木の生い茂る1本道があります。これもまたテニアンらしくて愛しいです。

タガビーチ(テニアン島)/©Junji Takasago/MVA
ブロードウェイ(テニアン島)/©Junji Takasago/MVA
©Junji Takasago/MVA

いかがでしたか?日本(成田空港)から3時間半のリゾート「サイパン」。昼間は真っ青な海と空を満喫して、夕方は夕日を観てチルアウト、夜は満点の星空・・・。これらをめいっぱい楽しめるのがサイパンなのです。

2019年8月・9月は、成田空港からスカイマークの直行便が出ます。ここまで読めば、サイパンのファンになっているはず。サイパンをチェックしてみてください。

■今年の夏は直行便でサイパン旅行!3時間半で行くスカイマークチャーター便ツアーは8月&9月出発日限定!
・URL: https://japan.mymarianas.com/news/10491/


お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 aruco 33 サイパン テニアン ロタ 2018年~2019年版

地球の歩き方 aruco 33 サイパン テニアン ロタ 2018年~2019年版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,200円+税
発行年月: 2018年02月
判型/造本:A5変並製
頁数:144
ISBN:978-4-478-82158-9

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー