海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >中南米 >チリ >チリ その他の都市 >8月の“ペルセウス流星群”の観測まであと何日? 最高の星空に出会う世界の旅先5選

8月の“ペルセウス流星群”の観測まであと何日? 最高の星空に出会う世界の旅先5選

2018年08月09日

今年、日本でペルセウス流星群の活動が極大を迎えるのは8月13日(月)頃

日本では、2018年8月13日(月)頃を中心に、ペルセウス流星群の活動が極大化します。それにともない、大量の流れ星が観測できると期待されています。特に今年は、直前の新月の関係で、月明かりに邪魔されることなく、好条件で観測できると言われています。「星」が注目される今、ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社は、世界中の旅行者からのおすすめ情報をもとに、天体観測に適した世界のスポットを5つ発表しました。瞬くような星空を眺めに、旅に出てみませんか。

(1)ビクーニャ(チリ)

天文学者のパラダイスとも呼ばれるビクーニャ

チリにある小さな街、ビクーニャ。雲を切り開くアンデス山脈に近いため、澄み渡るきれいな空が有名で、天文学者のパラダイスと呼ばれています。ルタ・デ・ラス・エストレリャス(「星のルート」の意)の道をドライブして、観測地に向かいます。

星についてきちんと学びたい人は、ビクーニャ北西のママリューカ天文台で実施しているガイドツアーに参加するのがおすすめです。天文台へは、漆黒のクリアな夜空を観賞できるよう夜間の入場もできます。料理やお酒がおいしいのもビクーニャの人気の秘密。星を眺めながら地元産のブドウの蒸留酒「ピスコ」を試すことができます。

●おすすめの宿泊施設
ビクーニャとエルキ・ヴァリーの探索に理想的な立地にあるのが、サウアン・ホスタル・ブティックです。見晴らしの良いテラスからは、美しい星空を眺めることができます。

(2)ボレゴ・スプリングス(アメリカ)

アンザ・ボレゴ砂漠州立公園の中にあるボレゴ・スプリングス

ボレゴ・スプリングスは、サンディエゴの北に広がるカリフォルニア州最大のアンザ・ボレゴ砂漠州立公園の中にあります。ここは長い間、プロアマ問わず天体観測に適した場所として知られ、夜の空を守るために人工的な光を極限まで制限してきた地元住民の姿勢とその努力により、「ダークスカイ・コミュニティ」として国際ダークスカイ協会に認定を受けました。

毎晩どこかの裏庭に集まり星空を鑑賞する人々がいる。そんな土地で、もうひとつはずせないのがアートシーンです。道路沿いにある巨大な彫刻を鑑賞したり、ボレゴ・アート・インスティテュートのアートクラスで芸術に浸ったりすることができます。美しい星空に加え、ゆっくり過ごせる雰囲気と印象的な砂漠の景色も称賛される人気のスポットです。

●おすすめの宿泊施設
ボレゴ・ヴァリー・インは、星空の下で非日常体験をするにはピッタリな場所。2つの野外プールとホットバスがあり、満天の星を堪能する夜に向けて日中もさまざまな過ごし方で楽しめます。

(3)カボ・ポロニオ(ウルグアイ)

道路もなく、自然そのままの場所、カボ・ポロニオ

ウルグアイの東海岸に位置するこの小さな半島には、主要な道路がありません。移動は砂丘を四輪駆動車で走り抜けるか徒歩に頼るか、という自然そのままの場所。さらに、カポ・ボロニオには電気や道路の街灯もなく、周囲には近隣の街や都市も存在しません。この明かりがないという環境が、まさに天体観測には最高の条件!

唯一の電気は自家発電ですが、地元の人々が暗闇を照らす明かりとして使うのはキャンドルです。海沿いに立つ灯台が、地域とつながる唯一のネットワークとなっており、星空が楽しめるだけでなく、アシカの生息地や美しく静かなビーチがあるのも旅行者から人気を集めるポイントです。

●おすすめの宿泊施設
ビーチの中に建つホステル、ナラカンは星空の下で日常を忘れるには最適な場所。おいしい食事と、スタッフのホスピタリティあふれる対応で高い評価を得ています。ビーチを見渡せるバルコニー付きのプライベートルームも魅力です。

(4)バレアル(アルゼンチン)

毎月定員制の夜間ツアーを開催しているバレアル

雲ひとつない夜空の広がる日が年間300日以上あるというバレアルは、明かりもほとんどない無風の場所で、天体観測には最高のコンディションがそろっています。この素晴らしいコンディションを保つため、この地域では開発を規制する厳しい規則が課されています。だからこそ出会えるのが、流れ星や天の川の希少な情景なのです。

この地にあるエル・レオンシート天文台(CASLEO)は、1980年代前半に天体の研究のために建てられ、毎月定員制の夜間ツアーを開催しています。日中のツアーでは、バレアルの美しい自然に囲まれながら、アンデス山脈の絶景や国立公園での乗馬などを楽しむことができ、美しい景色と自然の中を探索する機会に恵まれていることでも人気のスポットです。

●おすすめの宿泊施設
バレアルの美しい郊外にあるエコポサダ・エル・メルセダリオは、伝統的な装飾が施された部屋で迎えてくれます。ホテルには素敵なレストランや、星の下で食事が楽しめるバーベキューの設備があります。

(5)クーナバラブラン(オーストラリア)

湿度が低い高山地域クーナバラブランは、天体観測にもってこい

オーストラリア・キャッスルリー川の川岸にあるクーナバラブラン。人工の明かりがほとんどなく、湿度が低い高山地域で、天体観測の拠点となっています。輝く夜空のおすすめ観賞ポイントは、ワールンバングル国立公園の際に建つサイディング・スプリング天文台です。

ここにはオーストラリアでも最大級の光学望遠鏡があり、年間を通して天の川が観測できます。毎年10月にクーナバラブランで開催される天体観測のフェスティバル「スターフェス」にタイミングを合わせれば、旅行も最高に楽しめるでしょう。またクーナバラブランを訪れた旅行者からは、美しい景観やのんびりとした田舎の風景も高い評価を得ています。

●おすすめの宿泊施設
農場に滞在する貴重な機会を与えてくれるのが、バークラ・ファームステイ。山の絶景を満喫できる広々としたユニークな宿泊施設です。併設されているカフェやレストランから希望に合わせてケータリングも可能で、またバーベキューの設備もあるので、星空を眺めながら料理を楽しむことができます。

いかがでしたか。ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社が発表した、天体観測に最適な世界のスポットを5つ紹介しました。瞬くような星空を眺めに、旅に出てみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事