海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >中南米 >メキシコ >メキシコ その他の都市 >メキシコ在住者がおススメする! 現地でも人気のTHEメキシコ土産7選

メキシコ在住者がおススメする! 現地でも人気のTHEメキシコ土産7選

2018年12月24日

メキシコを象徴するカラフルな土人形

太陽の国メキシコ。カンクンやロスカボスなどの有名リゾート地に、誰もが一度は訪れてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。実際、住めば都とはそのとおりで、楽しいことが山ほどあるのがここメキシコです。せっかく訪れたのであればとことんメキシコを堪能して欲しい。そして、その楽しさを日本に持ち帰って欲しい。今回は、帰国後もメキシコが楽しめるお土産選びのアイデアを紹介します。THEメキシコといえる定番品から、これも有名だったのという一品まで紹介します。お土産選びの参考にしてください。

現地のお土産屋に必ず並んでいるポンチェ

お土産コーナーにあるいろいろな味のポンチェ

たくさんのフルーツで作られる、メキシコ伝統の味、ポンチェ(Ponche)。サトウキビ、プルーン、りんごなどの果物を、シナモンやブラウンシュガーと一緒に煮込んだホットドリンクです。フルーツの自然な甘酸っぱさとシナモンのスパイシーな香りが人気です。クリスマスシーズンには、手作りしたポンチェを家族と飲みます。

一般に、伝統的なポンチェは手作りで温かいのが基本です。そのため、本場の味はなかなか持ち帰ることができません。そこで、手軽に持ち帰れるポンチェが瓶詰めです。手作りのものとは少し違い、フルーツの種類も少なく、シンプルな作りです。そして、アルコールが少し強めになっています。通常はそのまま飲みますが、炭酸水や水などで割って飲んでもよいでしょう。

ボトルの表面にはラベルシールが貼ってあり、スペイン語が読めなくても、何となくどんなフルーツが使われているのかわかります。おススメは、日本にはないタマリンド(Tamarindo)です。タマリンドは、アフリカ原産の果実ですが、メキシコではジュースになったりデザートになったりと日常的に食べられます。少し甘酸っぱくて、とても美味しいです。街中の小さな売店でも売られていますので、ぜひ試してみてください。

衝撃の甘さ! カヘタという名のキャラメル

瓶入りと、細長いケース入りのものがある

メキシコで意外と有名なのが、カヘタ(cajeta)という名のキャラメルです。メキシコ人は、辛いものだけではなく、甘い物も大好きです。街中にクレープ屋があれば、たいていは行列ができています。そのなかでも人気の味が、このカヘタとヌテラ(Nutella)にナッツを合わせたもの。

カヘタは、瓶詰めだけでなく、キャンディになっていたり、バラマキしやすいように小さなケースに入ったものなどたくさんあります。以前、日本で流行った生キャラメルに似ていますが、もっとダイナミックな味でとても安いです。会社の人や、親戚の子供達に配るのにちょうどよいでしょう。メキシコ各地にあるウォルマート(Walmart)などで手に入ります。

やわらかい煎餅に挟まっているカヘタ

本場テキーラの味がするチョコレートボンボン

いろいろな味のチョコレートボンボンがある

メキシコといえば、テキーラ! しかし、アルコール度数の高い酒ですから、好んで飲んでいる日本人は少ないのではないでしょうか。そんな時は、チョコレートボンボンを選んでみましょう。中に本場のテキーラが入っているものやチェリー味のものなど、たくさんの種類のチョコレートボンボンが並んでいます。

個包装になっていますので、こちらもバラマキ用のお土産におススメです。メキシコでは、先述したウォルマート(Walmart)などで簡単に手に入ります。暑さで溶けてしまいますので、保管には充分気を付けてください。

定番中の定番! やっぱりテキーラは外せない

メキシコで1番有名なJose Cuervo Especial

本場のテキーラは、本場メキシコで買いましょう! というのも、とても安いのです。また、種類がたくさんあるのも、アルコール好きにはうれしいポイントです。小さいサイズから大きいサイズまで豊富にあり、お土産として選びやすくなっています。

空港の売店などでも売られていますが、安く手に入れたいなら、やはり現地のウォルマート(Walmart)がおススメです。種類もたくさんあり、かなり安く手に入ります。ただし、メキシコでは、日曜(地域によって違う場合がある)の夜は、酒の販売をしないことがありますので注意が必要です。

El Jimador. こちらも有名です

かわいい飾りにもなるテキーラショット

革靴を履いたテキーラショット

テキーラを飲まなくても、テキーラショットは、飾っておくだけでもかわいいインテリアになります。ショットにメキシコ人のおじさんが付いているものや革靴を履いているものなど、いろいろなデザインがあります。テキーラは飲めないけど、でもメキシコに行ったというものが欲しい! そんな方におススメのお土産です。小さくて、持ち運びも便利ですから、女性でも買いやすいです。

なお、メキシコでは、基本的にプレゼント用の包装はデパートのような所でしか行われません。しかし、デパートで購入すると高いですから、現地の人が行くような小さな店で購入して、自分で包装するのがよいでしょう。

世界一有名な骸骨婦人カトリーナ人形

メキシコでは骸骨はかわいいといわれています

一見「ギョッ」としてしまう骸骨。メキシコを歩いているとよく見かけます。特に、死者の日になると、骸骨のメイクをした人や服を着た人が街中を大勢歩いています。こちらの世界一有名な骸骨夫人カトリーナ人形は、死者の日を象徴するアイコンとして古くからメキシコ人に愛されています。

こちらのカトリーナ人形は、メキシコでしか買えない唯一の人形といえるでしょう。お土産としてはびっくりさせてしまうかもしれませんが、仲のよい友人や家族にいかがでしょうか。街中の小さな売店でも売られていますので、ぜひ一体購入してみてください。

せっかくなら試してみたい手作りサルサ

家庭の味が楽しめるサルサ

メキシコといえば、タバスコのイメージが強い人もいるのではないでしょうか。ご存じのとおり、タバスコは、トウガラシの一品種、チレ・タバスコ(タバスコペッパー)を使ったサルサ(ソース)です。メキシコでは、どの店も手作りしていることが多く、また、家庭によっても味が違うといわれています。それほど、メキシコはサルサを大切にしている国なのです。

こちら(上の写真)のサルサは、すべてチレが違います。左の赤い色のものは、乾いたチレを使っていてとても辛いです。ベージュ色のものは、同じく乾いたチレに緑のトマトが合わせてあり、少しやさしい辛さになっています。

その隣の赤い色ものはトマトがメインですから、あまり辛くありません。その下の明るい緑のものは辛くありませんので、お子様向けです。最後に、深い緑のサルサがもっとも辛く、ハバネロを使っています。こちらは、辛いものが好きな方でも悲鳴をあげるほど辛いです。ホームパーティーなどで使えば、盛りあがること間違いなしです!

最後に、今回紹介したお土産は、メキシコ各地にあるウォルマート(Walmart)や街中の小さな商店、空港の売店などにあります。見つけたらぜひ試してみてください。

■ウォルマート(Walmart)
・住所:Walmart Colima Norte Av Tecnológico 125, Miguel Hidalgo I, 28037 Colima, Col. Mexico
・URL:https://www.walmart.com/

■セントロ(ダウンタウン)
・住所:Andador Constitución Av. Constitución, El Rastrillo, 28000 Colima, Col. Mexico
 ※店により営業時間が異なる。シエスタを取る店もあり、14:00〜16:00まで閉店の場合あり

メキシコのお土産がオンラインで購入できる! 大量購入や「バラマキ」用にも最適なサービスとは?

トルティーヤチップス2種10袋セット

最後に、日本に居ながらネットで海外のお土産を購入できるサービスを紹介します。

メキシコの旅行で、あの方へのお土産は何にしようと考えるのは楽しいものですが、会社の同僚への「バラマキ用」のお土産探しとなると気が重くなる方も多いのではないでしょうか。また、現地でのお土産を探す時間を削減したい、重い荷物となって帰国するのを避けたいという方に、オススメのサービスがあります。

海外お土産の「迷う・探す・持ち歩く」手間から開放してくれるサービスが、JTBの「ワールドショッピングプラザ」です。オンラインでメキシコのお土産を旅行前に購入したり、旅行後に「あの人にお土産を買い忘れてしまった」にも対応できるので便利です。次のメキシコ旅行は、希望日に自宅へ宅配してくれるお土産のネット購入もオススメです。

■JTB「ワールドショッピングプラザ」
・URL:http://www.worldsp.jp/arukikata/

いかがでしたか。初めて知るお土産もありましたか。旅先で小さなお店に入るには少し勇気が要りますが、メキシコ人はとてもフレンドリーです。思い切って入ってみましょう。地元の住民が作ったものが手に入りますので、貴重なお土産が見つかりますよ。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー