海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅行形態 >アジア >台湾 >タイペイ(台北) >【2022年7月 台湾 旅の最新事情】観光客の受け入れは今どうなっている?

【2022年7月 台湾 旅の最新事情】観光客の受け入れは今どうなっている?

2022年07月29日

コロナ終息後、行きたい国の上位にランクインしている台湾

海外からの観光客受け入れを再開した国も増えてきましたが、慎重な感染対策をとっている台湾では、2022年7月現在、まだ観光目的での入国はできません。ビジネス目的、ワーキングホリデーでの入国が緩和され、日台を結ぶフライトも少しずつ運航再開しはじめてはいますので、状況を注視しながら再び台湾へ行ける日を待ちたいところです。

台湾のコロナ感染状況

3回のワクチン接種が推奨されています

7月27日における新たな新型コロナウイルスの感染者は2万5521人、死者28人です。合計感染者数は計449万8416人、死者は8714人となっています。

1日あたりの新規感染者数は5月下旬の9万人超をピークに減少傾向にありますが、今後、BA・5による感染再拡大も懸念されています。

〈ワクチン接種状況〉
3回のワクチン接種が推奨され、3回目のワクチン接種率は71.2%です。
50歳以上、海外出張者の4回目接種、乳幼児へのワクチン接種も進められています。

台湾への入国

日常ではマスクの着用が必要です

<観光目的での入国は不可>
2022年7月現在、台湾は海外からの観光客の入国を停止しています。

ビジネス目的、ワーキングホリデー等入国が認められる場合でも事前にビザの取得が必要です。

最新の入国事情は、台湾における日本の大使館的な役割を果たす日本台湾交流協会のホームページ等でご確認ください。
■日本台湾交流協会
・URL: https://www.koryu.or.jp/tabid2169.html 

<入国可能な場合も隔離措置あり>
入国が許される場合でも、入国の際は搭乗前2日以内に行うPCR検査の陰性報告書提出と、防疫ホテル等での7日間(うち4日間は条件付きで外出可能)の隔離(自費)が必要です。

<マスク着用規定あり>
食事、運動、記念撮影など例外的な状況でマスクを外す場合を除き、外出時は全行程でマスクを着用しなければなりません。

旅のバイブル「地球の歩き方」ガイドブック

地球の歩き方 ガイドブック D10 台湾 2020年~2021年版

パワフルシティ・台北、人気の古都・台南、港町・高雄、暮らしたい町・台中、絶景の宝庫・花蓮…。多彩な表情を持つ台湾全土の魅力を網羅。いま話題の最旬スポットから鉄道で巡る小さな町、温泉やディープな離島まで最新情報満載。ハズせない台湾グルメは、必食100メニューやご当地名物など大紹介!茶藝&おみやげ特集も!

■地球の歩き方 ガイドブック D10 台湾 2020年~2021年版
・URL: https://hon.gakken.jp/book/2080134500

※当記事は、2022年7月28日現在のものです

〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
2022年7月28日現在、国によってはいまだ観光目的の渡航が難しい状況です。『地球の歩き方 ニュース&レポート』では、近い将来に旅したい場所として世界の観光記事を発信しています。渡航についての最新情報は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。
◎外務省海外安全ホームページ
・URL: https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
◎厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
・URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
旅したい場所の情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス収束後はぜひお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを心より願っています。

≫≫≫(関連記事)
各国の海外旅行最新事情はこちら

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 ガイドブック D10 台湾 2020年~2021年版

地球の歩き方 ガイドブック D10 台湾 2020年~2021年版

地球の歩き方編集室
定価:1,870円(税込)
発行年月: 2020年03月
判型/造本:A5変並製
頁数:416
ISBN:978-4-05-801345-8

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース