海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >関東 >東京 >蔵元でしか味わえない「辛丹波生原酒」東京初上陸!兵庫の食と楽しむ「からたんバル」2日間限定オープン

蔵元でしか味わえない「辛丹波生原酒」東京初上陸!兵庫の食と楽しむ「からたんバル」2日間限定オープン

2018年10月09日

10月16日(火)17日(水)の2日間限定開催

大関株式会社(兵庫県西宮市)は、発売から30周年を迎えた「辛丹波(からたんば)」のご愛顧に感謝し、蔵元でしか味わうことの出来ない「辛丹波生原酒」と兵庫県の食材を使った料理とのマリアージュを楽しんでいただ ける「からたんバル」を、10月16日(火)17日(水)の2日間限定で、丸の内ビル(東京都千代田区)1Fスペース 及びMarunouchi Café × WIRED CAFEにて開催します。

【開催概要】

からたんバル(イメージ)

「からたんバル」は、和モダンな空間で、「辛丹波」と辛丹波に合う料理とのマリアージュを楽しんでいただくイベントです。 今回は、好評発売中の「辛丹波」と「辛丹波生貯蔵」に加えて、蔵元でしか味わえない「辛丹波生原酒」も楽しむことができます。

【開催概要】
■日時 2018年10月16日(火) 16:00〜23:00 (22:00 LO) 17日(水) 16:00〜22:00 (21:00 LO)
■会場 丸の内ビル 1Fスペース及びMarunouchi Café × WIRED CAFE (東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル 1F )
※丸ノ内線東京駅 直結、千代田線 二重橋前駅 直結、JR東京駅 徒歩1分 JR京葉線 東京駅 徒歩4分、三田線 大手町駅 徒歩3分

「辛丹波(からたんば)」について

「辛丹波(からたんば)」

イベントの主役となる「辛丹波(からたんば)」は、銘酒の造り手として名高い丹波杜氏伝承の技で丹精込めて醸している、 まさに造り手のこだわりが見えるお酒として誕生した淡麗辛口の本醸造酒です。発売当初からの「飲み飽きしない小味の利いた酒」のコンセプトが今に受け継がれ、冷でも燗でも飲む温度帯によって味わいの違いを堪能していただけます。 また旨みがありながら、後味にキレがあるので、料理とともに楽しむことで、双方の味がより引き立ちます。

兵庫県の食材を使った料理が 楽しめる「マリアージュセット」

「からたんバル」では、「辛丹波生原酒」と兵庫県産の食材を使用した料理(ピンチョス)が楽しめる「マリアージュセット」や 3種の「辛丹波飲み比べセット」 をご提供。 また「辛丹波ガチャ」や、SNS投稿で、辛丹波のプレゼント企画も!

【予定イベント】
①蔵元直送‼辛丹波生原酒と兵庫県の食材を使った料理を2種類のセットでご用意
・マリアージュセット(Aセット or Bセット)500円チケット1枚 兵庫県でアトリエを開くフードデザイナー中本千尋さん監修の兵庫食材(穴子、和牛、いちじく、 黒豆)を使用したピンチョスを生原酒とセットで提供。

・飲み比べセット 500円チケット1枚 辛丹波生原酒、辛丹波、辛丹波生貯蔵の飲み比べセット

②SNS投稿で「辛丹波」1杯をもれなくプレゼント
・「からたんバル」をご利用いただき、「#からたんバル」もしくは「#辛丹波」のハッシュタグを付けて投稿 いただくと、もれなく1杯プレゼント!

③辛丹波ガチャに挑戦 ・500円チケット2枚で1回チャレンジできるガチャ登場! 豪華賞品多数ご用意しております。

「からたんバル」提供メニュー

『穴子と玉ねぎのピクルス 蓮根のリゾットと共に』

■マリアージュセット(Aセット or Bセット)500円チケット1枚 蔵元でしか味わえない辛丹波生原酒と、生原酒に合う兵庫県食材にこだわった料理をお楽しみいただけます。

【Aセット】
『穴子と玉ねぎのピクルス 蓮根のリゾットと共に』
赤穂市産の穴子に、三田の蓮根のピュレともち麦を合わせたリゾットに、 食感と酸味のアクセントとして、紫玉ねぎのピクルスを添えて。香りに実山椒を。

『いちぢくとフロマージュ 山椒味噌を添えて』
兵庫県産いちぢくのプチプチした食感にほのかな甘味。フロマージュフレの まろやかさとほのかな酸味に、三田産コリンキーのシャリシャリ食感が面白い 一品。山椒味噌の香りと塩味が味のアクセントに。

酒粕レーズンのタルティーヌ 黒豆を添えて

【Bセット】
『和牛ローストビーフ じゃが芋のピュレ スパイスの香り』
兵庫県を代表するブランド和牛ならではの旨味や力強さを三田市産ジャガイモ のコクと合わせました。 醤油や味噌をベースとした特製のスパイスソースと共に。

『酒粕レーズンのタルティーヌ 黒豆を添えて』
旨味を凝縮した濃厚な酒粕バターにレーズンとハチミツをサクサクのバケット と合わせて。篠山の黒豆の甘露煮と共に。

3種の「辛丹波」飲み比べセット

【飲み比べセット】
3種の「辛丹波」(辛丹波生原酒・辛丹波・辛丹波生貯蔵)の飲み比べが出来るセット。

【料理監修】 フードデザイナー 中本千尋さん

フードデザイナー 中本千尋さん

フレンチレストラン、大学の調理師学科アシスタントなどを経て独立。レッスンやケータリング、メニュー監修、 レシピ開発など食のシーンをデザインする。 兵庫県の畑と湖に囲まれた食のアトリエをオープン。そのアトリエでは紹介制の季節に沿ったお料理会、 料理人とのセッションなど、食の楽しみ方を提案。

また、spice of life をテーマにスパイスの可能性を探求しながら移動型スパイスカレー屋を営んでいる。

「辛丹波(からたんば)」について

「辛丹波(からたんば)」について

1988年に発売以来30年間愛され続けているロングセラー商品。 辛丹波は「冷やすと酸味が際立つ、すっきりとした味わい」「燗すると、旨みが際立つキレのある味わい」で、冷でも燗でもお飲みになる 温度帯によって味わいの違いを楽しめるのが最大の魅力です。 今回は、味わいの違いが楽しめる3種類の辛丹波を冷酒でご用意しております。ぜひこの機会にお楽しみください。

・生原酒・・・お酒をしぼったままのフレッシュ感とキレの良さは抜群です。通常の辛丹波より、アルコール度数が高い分、旨みが凝縮 されています。

・生貯蔵・・・辛丹波の特長“しっかりした口当たり、キレのある辛口の後味”をもちつつ、生貯蔵酒特有のさらりとした清涼感のある フレッシュな香りを口中でお楽しみいただけます。

●辛丹波30年のご愛顧プレゼントキャンペーン実施中 辛丹波720ml瓶詰、辛丹波30周年限定醸造720ml瓶詰に添付されている専用応募ハガキに必要事項を記入し応募いただくと、 抽選で、30種類の中から選べる、兵庫県食材グルメを90名にプレゼント。 詳しくは大関ホームページで。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事