海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >北米 >アメリカ >ニューヨーク(ニューヨーク) >【2021年8月 ニューヨーク 旅の最新事情】通常営業に戻ったレストランの今を在住者がレポート

【2021年8月 ニューヨーク 旅の最新事情】通常営業に戻ったレストランの今を在住者がレポート

2021年08月23日

マンハッタンのフレンチレストラン「Boucherie Union Square」 2021年7月31日

2021年6月24日で非常事態宣言が解除されたニューヨーク。経済活動を再開したこの街のレストラン事情を、ニューヨーク市在住の筆者がレポートします。

アフターコロナのニューヨーク、レストランはどう変わった?

レストランのアウトドア・ダイニング 2021年7月31日

昨年の新型コロナウイルス感染拡大を受け、ニューヨーク市のレストランでは店内飲食が禁止となりました。悲鳴をあげたレストランの救済措置として、店先の車道や歩道を利用したアウトドア・ダイニング(屋外席)が許可され、各レストランは一斉に屋外席を設置しました。コロナ禍のニューヨークにおいて、こうした屋外席を設置する大工さんと、ニューヨークから脱出する人が手配した引越業者とはフル稼働で、特需ビジネスとも言われたほどです。2021年2月~各レストランは入店可能人数を段階的に増やし、店内飲食を再開しています。

外食の標準になったアウトドア・ダイニング

レストランのアウトドア・ダイニング 2021年7月31日

外出自粛の状況下、もともと外食が大好きなニューヨーカーたちはデリバリーやテイクアウトを利用した自宅での食事に飽き飽きしており、先述のようなアウトドア・ダイニングに飛びつきました。レストランもそれぞれが屋外席に工夫を凝らし、「トレンドのアウトドア・ダイニングのレストランはここ」との評判が立てば皆が押し寄せる、という状況に。

レストランのアウトドア・ダイニング 2021年7月31日

高級レストランは、アウトドアであってもゴージャスなインテリア。安全とプライバシーを守るため、個室のようにテーブル席に仕切りを付けているレストランもあります。店内飲食が許された現在でも、アメリカ人には屋外席が人気。一時的な措置であったアウトドア・ダイニングは、いまやニューヨークの外食のスタイルとして定着しています。

レストランやバーの店内利用客にワクチン接種証明を義務化

レストランのアウトドア・ダイニング 2021年7月31日 

2021年8月3日、デブラシオNY市長は、レストランやバー、スポーツジムなどの屋内施設の利用客および従業員に対して、新型コロナウイルスの「ワクチン接種証明」を義務付けると発表しました。ワクチン接種証明の義務化は、全米初。2021年8月16日から段階的に導入され、2021年9月13日には全面的に適用される見込みです。このルールに則ると、PCR検査による陰性証明のみでは入店は不可(店外の屋外席であれば飲食可能)。ニューヨーク市のレストランやバーの店内席で飲食される際は、下記3種いずれかのワクチン接種証明が必要になりますので、ご注意ください。
1.米疾病予防管理センター(CDC)発行の接種証明(紙)
2.ニューヨーク州による電子証明「エクセルシオール・パス(Excelsior Pass)」
3.ニューヨーク市が発行する電子証明など

アフターコロナで人気のレストランをご紹介

大人気のこたつ席(冬季)は要予約 ©Dr Clark

●ニューヨークのアウトドア・ダイニングで最も注目された和食レストラン

コロナ禍の逆風の中、ニューヨーク市のアウトドア・ダイニングで話題をさらったのが、チャイナタウンにある北海道料理「ドクター・クラーク」。店内飲食が許されなかった厳しい状況で、屋外席でも暖かい掘りごたつに注目が集まりました。ニューヨークタイムズ、ヴォーグ、ニューヨーカー、全米ネットワークABCなど一流メディアから取材が殺到。焼きながらいただくジンギスカンと掘りごたつが、いまやニューヨークのトレンドとなりました。

■Dr Clark(ドクター・クラーク)
住所: 104 Bayard Street New York, NY 10013
営業時間: 12:00-翌2:00
定休日: 無休
URL: https://www.drclarkhouse.com
インスタグラム: https://www.instagram.com/drclarkhouse/ 

Fifth Hammer Brewingのフルーティでフレッシュなクラフトビール

●ニューヨークで人気のクラフトビール

ニューヨーク市ではもともとクラフトビールが人気でしたが、経済活動再開後、開放的な雰囲気を求めて大勢のニューヨーカーが繰り出すようになりました。クイーンズ区ロングアイランドシティの「フィフス・ハンマー・ブリューイング」は、フルーティでフレッシュなビールが特徴。IPA の“HOP TONES”(上写真の左側)は、後口にピーチやマンゴー、柑橘系のふわりとした余韻が漂います。

■Fifth Hammer Brewing(フィフス・ハンマー・ブリューイング)
住所: 10-28 46th Ave, Long Island City, New York 11101
営業時間: 月・火14:00~22:00、水14:00~23:00、木12:00~23:00、金・土 12:00~翌0:00、日12:00~22:00
定休日: 無休
URL: https://www.fifthhammerbrewing.com

ユニオンスクエア・カフェ 2021年7月31日 

●従業員にワクチン接種を求めた全米トップレストラン

全米トップレストラン「ユニオンスクエア・カフェ」。ザガットの「ニューヨークで最も人気のあるレストラン」の第1位を9回獲得しているレストランです。経営者ダニー・マイヤー(Danny Meyer)氏の「ユニオンスクエア・ホスピタリティグループ」の旗艦店であり、同グループには「マンハッタ(Manhatta)」、「グラマシー・タバーン(Gramercy Tavern)」などの高級レストランのほか、人気ハンバーガーチェーン「シェイク・シャック(Shake Shack)」も名を連ねます。従業員にワクチン接種を求めたレストランのひとつです。

■Union Square Cafe(ユニオンスクエア・カフェ)
住所: 101 E 19th St, New York, NY 10003
営業時間: 日〜水17:00~23:00、木〜土17:00~翌0:00
定休日: 無休
URL: https://www.unionsquarecafe.com

©PR Times
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000341.000007752.html

●ニューヨークで日本人に人気のレストラン

ニューヨーク市の老舗ステーキハウスとして名高い「ピーター・ルーガー」。カード社会のアメリカにおいて、現金でしか支払いができないことでも有名。しかしながら、コロナ禍の街で生き残るため、テイクアウトとデリバリーのオンライン注文を受け付けるようになり、オンライン注文のみクレジットカード決済が可能に。周辺環境はあまりよくないため、食事を済ませたら早めに場所を移動するのがおすすめ。2021年10月に東京・恵比寿に日本1号店がオープン予定。

■Peter Luger(ピーター・ルーガー)
住所: 178 Broadway, Brooklyn, NY 11211
営業時間: 月〜木11:45~21:45、金・土11:45~22:45、日12:45~21:45
定休日: 無休
URL: https://peterluger.com/
ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京 https://peterluger.co.jp

●残念ながら閉店したおもなレストラン

■Aqua Grill (アクア・グリル)
URL: https://www.aquagrill.com
■21Club (21クラブ)
URL: https://www.21club.com
■prune(プルーン) 
URL: https://prunerestaurant.com
▽Hudson Yards (ハドソンヤーズ)内 
■Belcampo(ベルキャンポ)
URL: https://belcampo.com
■Bouchon Bakery(ブーション・ベーカリー)
URL: https://www.thomaskeller.com/bouchonbakeryhudsonyards
■TAK Room(タクルーム)
• URL: https://www.takroomnyc.com
ほか多数。コロナ禍により、多くのレストランが持ち堪えられず、残念ながら閉店しました。Gotham Bar & Grill(ゴッサム・バー&グリル)のように閉店を発表しても復活(2021年9月予定)するレストランもあるので、お気に入りのレストランがあるあなたは、こまめに最新情報をチェックしてみてください。

【ニューヨーク市の治安について】
1. アジア人への暴行・傷害事件(アンチアジアのヘイトクライム)
2. ユスリ、たかりに近いしつこさのホームレス(薬物依存者が多く、精神異常をきたしている場合も)
3. 倍増する拳銃発砲事件。ニューヨーク州知事による銃暴力緊急事態宣言(州内の銃暴力による死者は、新型コロナウイルスによる死者よりも多い)発令
など、現在のニューヨーク市は治安がよいとは言えません。住民でさえ、外出時や地下鉄乗車の際は緊張しています。渡航を計画する際はインターネットなどで最新の治安情報を収集しましょう。ニューヨーク市警と日々連携をもつ、在ニューヨーク日本国総領事館の「ニューヨーク市の治安について」にも、目を通されることをおすすめします。

■ ニューヨーク市の治安について(在ニューヨーク日本国総領事館)
URL: https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/j5/01.html

■ 参照記事
Permanent Open Restaurants Program - nyc.gov
米ニューヨーク市、屋内活動に新型コロナワクチン接種証明求める方針、全米初 - 日本貿易振興機構(ジェトロ) 2021年08月04日
Danny Meyer’s Restaurants Will Require Vaccines For Indoor Diners – delish 2021年7月30日
NY州知事、銃暴力非常事態を宣言 新型コロナ上回る死者 – CNN CO JP 2021年7月7日

写真:Hideyuki Tatebayashi 
Do not use images without permission.

旅のバイブル「地球の歩き方」ガイドブック

『地球の歩き方 ガイドブック B06 ニューヨーク 2021年~2022年版』

最新情報から定番情報まで、ニューヨーク観光のすべてを網羅したガイド。巻頭特集は、「気になるスポット&フード NYブームNOW!」をえりすぐり、14ページにわたってご紹介。移動や街歩きに欠かせない「アクセスと交通」章はさらに見やすくなりました。トレンドを反映したダイニングやショップもアップデート完了!

■地球の歩き方 ガイドブック B04 サンフランシスコとシリコンバレー 2019~2020年版
URL: https://hon.gakken.jp/book/2080130400


※当記事は、2021年8月23日現在のものです

〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
2021年8月23日現在、ほとんどの国において観光目的の入国は難しい状況です。『地球の歩き方 ニュース&レポート』では、来たるアフターコロナの旅行再開に備え、世界のさまざまな国と地域の現況について発信しています。渡航の可否や条件等については、下記などを参考に、必ずご自身のほうでもご確認ください。
◎外務省海外安全ホームページ
・URL: https://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
◎厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について
・URL: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
旅したい場所の情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス収束後はぜひお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを心より願っています。

≫≫≫(関連記事)各国の海外旅行最新事情はこちら

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 ガイドブック B06 ニューヨーク マンハッタン&ブルックリン 2021年~2022年版

地球の歩き方 ガイドブック B06 ニューヨーク マンハッタン&ブルックリン 2021年~2022年版

地球の歩き方編集室
定価:1,925円(税込)
発行年月: 2020年08月
判型/造本:A5変並製
頁数:564
ISBN:978-4-05-801304-5

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース