海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >アジア >中国 >ラサ(拉薩) >【読プレあり】聖地ラサへ旅する家族の映画『巡礼の約束』試写会に5組10名様ご招待!

【読プレあり】聖地ラサへ旅する家族の映画『巡礼の約束』試写会に5組10名様ご招待!

2019年11月27日

©GARUDA FILM 五体投地用保護具を手に着ける妻

2017年、「日本で初めてのチベット人監督による劇場公開作」として話題になった『草原の河』から2年。再びソンタルジャ監督の“チベット映画”がやってきました。

前作『草原の河』をご覧になった方は、ソンタルジャ監督の作風である“必要以上のセリフは言わない、必要以上の映像は見せない”に感じ入られたことと思います(『寡黙なのに雄弁な映画。チベット人監督の『草原の河』は4月29日より公開!』)。

筆者はその後DVDを買っちゃったくちなので、今回の作品にも期待大。
聖地ラサへの旅を決意した妻。妻を追う夫。そこに同行する前夫の息子。さらに一頭の幼いロバ。それぞれの想いを抱えながら歩く長くきびしい巡礼の道のり。広大なチベットの風景とともに、巡礼の約束を果たそうとする家族それぞれの心のひだを描く脚本は、2018年上海国際映画祭の審査員大賞と最優秀脚本賞をはじめ、世界各地の映画祭で多くの賞を受けています。

ロードショーは2020年2月8日(土)から東京神保町の岩波ホールを皮切りに全国で。

■12月10日の試写会に5組10名様をご招待

©GARUDA FILM 前夫の息子と、血のつながりのない父の距離感の変化は?

ですがその前に! 試写会でひと足早く『巡礼の約束』の魅力に触れてみませんか?
なんと今回の一般試写には、ソンタルジャ監督と、主演とプロデューサーを兼ねるヨンジョンジャ氏が登壇するアフタートークまでついています。ソンタルジャ監督ファンはもちろん、チベット映画好きにも見逃せません。

■『巡礼の約束』
上映日程:2020年2月8日(土)より、岩波ホール(東京神保町)にて。以後、全国で順次上映
配給:ムヴィオラ
監督:ソンタルジャ
プロデューサー:ヨンジョンジャ
脚本:タシダワ、ソンタルジャ
出演:ヨンジョンジャ、ニマソンソン、スィチョクジャ
中国語題:阿拉姜色
英語題:Ala Changso
公式サイト:moviola.jp/junrei_yakusoku
109分/中国/2018/COLOR/シネマスコープ/5.1chサラウンド

その筋で話題になること間違いなしの傑作です。ぜひこの機会にご応募ください。

そして、試写会当日は残念ながら都合が……という方、試写会といっても東京だけなんでしょ……という方、申し訳ございません! 来年2月8日(土)からの全国ロードショーでぜひ!

☆読者プレゼント☆
配給会社ムヴィオラさんのご厚意で、当ブログ読者のみなさま5組10名様を「『巡礼の約束』アフタートーク付き一般試写会」にご招待!
ご希望の方は、以下のフォームより「お名前」「メールアドレス」ほかを明記し「『巡礼の約束』の期待」をお書き添えいただきお申し込みください。
【〆切は2019年12月2日(月)朝10時】。
厳正なる抽選のうえ、ご当選者への発送をもって発表に代えさせていただきます。

■日時:12月10日(火)
 18:15開場/18:30開演(上映時間109分)
※上映終了後、ソンタルジャ監督&主演兼プロデューサー ヨンジョンジャによる30分のトークがあります(終演 20:50)
※マスコミ取材が入る場合があります

■会場:日比谷図書文化館コンベンションホール
 東京都千代田区日比谷公園1-4

■来日ゲスト
ソンタルジャ監督:
美術家、撮影監督の経験から、映像で物語る才能をさらに成熟させ、チベット映画人第1世代の重要な監督であり、世界中が注目する存在。
1973年5月29日生まれ。北京電影学院で学んだ後、ペマ・ツェテン作品などの美術監督や撮影を担当し、2011年、初監督作『陽に灼けた道』を発表。バンクーバー国際映画祭、ロンドン映画祭をはじめ世界中で高く評価された。長編第2作の『草原の河』はベルリン国際映画祭で上映され、上海国際映画祭で史上最年少の女優賞を獲得し、日本で初めて商業公開されたチベット人監督となり注目を集めた。

ヨンジョンジャ:
主演ロルジェ役兼プロデューサー。
チベット文化圏、中国全土にとどまらず、世界的に知られるチベット人歌手であり、チベット文化の普及・継承を担う芸術家。
1969年、映画冒頭の舞台となるギャロン地域に生まれる。2001年にアルバム《高原紅(Red Plateau)》をリリースし、大ヒット。チベットの伝統的音楽と歌謡曲を融合し、特色あるチベット式歌唱法にオリジナリティを加え、中国の音楽シーンに独自の道を切り開いた。また、自らの歌手活動だけでなく、2011年には国際的ダンサーのヤン・リーピンが芸術監督と主演を務めた歌舞劇『蔵謎(クラナゾ)』をプロデュースし、日本でも東京・Bunkamuraオーチャードホールほか全11公演を大成功させている。本作を自ら企画し、初映画プロデュース、初映画主演。

▼応募フォーム
『巡礼の約束』アフタートーク付き一般試写会 ご招待に応募する

【関連商品はこちら】
天空列車 青海チベット鉄道の旅(地球の歩き方GEM STONE)
ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット 増補改訂版(地球の歩き方GEM STONE)
草原の河 [DVD]

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 ガイドブック D08 チベット 2018年~2019年版

地球の歩き方 ガイドブック D08 チベット 2018年~2019年版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,900円+税
発行年月: 2018年06月
判型/造本:A5変並製
頁数:288
ISBN:978-4-478-82202-9

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース

中国の現地ツアー