海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >ヨーロッパ >フィンランド >ヘルシンキ >3月7日”サウナの日”「サ活」「サウナー」空前のサウナブーム、映画『サウナのあるところ』(フィンランド)

3月7日”サウナの日”「サ活」「サウナー」空前のサウナブーム、映画『サウナのあるところ』(フィンランド)

2019年03月07日

映画『サウナのあるところ』

サウナ発祥の地・フィンランドで1年以上のロングラン上映となった本格サウナ映画『サウナのあるところ』を、フィンランド・日本外交関係100周年記念となる2019年9月、アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開が決定しました。

本格サウナ・ドキュメンタリー!

画像はイメージ

自宅やオフィスにあるプライベート・サウナから森の湖畔や街の中のパブリック・サウナ、時には電話ボックスをDIYしたモバイル・サウナまで、様々な場で日常的にサウナを楽しむ国・フィンランド。日本人以上にシャイで寡黙と言われるフィンランドの男たちが、身も心も裸になったサウナの中では朴訥と自分語りを始め、悩みを打ち明け、次々と号泣します。

“サウナのあるところ” には、「なにか」がある?

画像はイメージ

世界幸福度ランキング1位(2018年)となったフィンランドの人々の日常に、サウナがもたらす “幸せ” をも考えさせる異色ドキュメンタリー。究極の癒しやデトックス、自分に戻る「ととのう」場としてだけでなく、日本の銭湯・温泉文化にも通じる、人とのつながりを感じる場としてのサウナの魅力を再発見。日本でも空前のサウナブームが到来中!「サ活」や「サウナー」が増殖するなか、サウナ発祥の地・フィンランドで1年以上のロングラン上映となった本格サウナ映画が、フィンランド・日本外交関係100周年記念の年に満を持して公開されます。

■『サウナのあるところ』
URL:https://www.uplink.co.jp/sauna/
フィンランド・アカデミー賞(ユッシ賞)2011 最優秀ドキュメンタリー受賞
ヨーロピアン・フィルム・アワード 2010 ノミネート
監督:ヨーナス・バリヘル、ミカ・ホタカイネン/後援:フィンランド大使館、公益社団法人 日本サウナ・スパ協会
提供・配給:アップリンク+ kinologue ©2010 Oktober Oy.

フィンランド式サウナ”ロウリュ”の秘密

フィンランド式サウナ”ロウリュ”の秘密

日本ほどの高温ではない室温のサウナ内。熱く焼けたサウナストーンに水を柄杓でかけ、発生した蒸気で温度を上昇させることを、ロウリュといいます。水の代わりにリラックス効果をもたらすアロマ水を使ったり、タオルや団扇を用いて熱風を送る、アウフグースと呼ばれるサービスも人気です。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー