海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >ヨーロッパ >フランス >パリ >映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』イベントレポート

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』イベントレポート

2018年10月03日

興行収入は全世界で約900億円、そして日本でも73.4億円の大ヒットを記録し、世界中を魔法の興奮で包んだ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』から2年――。さらにパワーアップした、今世紀最高のハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が、いよいよ2018年11月23日(金・祝)より全国公開いたします。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』


【関連記事】▷舞台はホグワーツから、パリの魔法界へ。最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

【続報】桐谷美玲さんと芦田愛菜さんの1分「ファンタビ」

小学生時代に「ハリー・ポッター」を読んで以来、魔法ワールドの魅力にどっぷりとハマってしまい、小説の全巻読破は勿論、映画はすべて映画館で観賞しているほか、USJのハリポタエリアもプライベートで訪れるなど、筋金入りの「ハリポタ」&「ファンタビ」ファンの桐谷さんは「たくさんの魔法が出てきて本当に楽しかった!」と “ファンタビ”についてコメント。そして、シャイで人見知りでありながらもキリリとした表情で魔法を使ったり、時折見せるチャーミングなはにかんだ笑顔を見せる主人公ニュートについて「ファンタビの魅力はやっぱり主人公ニュート・スキャマンダー」と力説。さらに、「あのホグワーツ魔法学校出身で沢山の魔法動物をかわいがるところがとっても素敵!」「とってもシャイで人見知りなところも良い!」「そんな彼が世界を救うために魔法を使って戦うとき少し顔つきが変わるんです!そこが本当にかっこいいんです!」と、女子ならではの目線でニュートの3つの魅力を明かします!

また、「ハリー・ポッター」魔法ワールドの大ファンであり、「ハリポタ」と共に成長してきたアンバサダーの芦田愛菜さんも本映像でファンタビの魅力を語ります。公開に先駆けて「ハリー・ポッター」シリーズと「ファンタスティック・ビースト」シリーズ全ての作品で小道具を手掛ける造形美術監督のピエール・ボハナが来日した際、ピエールとともにイベントに登壇した芦田さんはサプライズで自身をイメージして制作された世界に一つだけの“魔法の杖”をプレゼントされて感激!「嬉しすぎてなんて言葉にしていいのか分からない!」と大興奮していた芦田さんは本映像でも「魔法界からやってきた魔法動物たちに本当に夢中になっちゃいました!」と溢れんばかりの笑顔を見せます。キラキラしたものが大好きでお騒がせものの二フラーや、ニュートの小枝のような相棒ボウトラックル、透明になったりするデミガイズなど魅力たっぷりの可愛いらしい魔法動物たちを、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の映像と共に興奮に満ちた表情で振り返ります。果たして最新作のストーリーはどのように進んでいくのでしょうか!

桐谷さんと芦田さんがともに大興奮で振り返る「ファンタビ」ですが、最新作では「ハリー・ポッター」シリーズとより関連性があり、二重三重の面白さが組み込まれたストーリーに!「ハリポタ」&「ファンタビ」シリーズどちらにも登場するダンブルドア先生とともに主人公ニュートが仲間たちと冒険を繰り広げます。果たして、彼らにどんな冒険が待ち受けるのか。そして仲間たちとどのように活躍していくのか?桐谷さんと芦田さんが楽しみにしていると語るおなじみの魔法から見たことのない魔法、可愛らしい魔法動物、そしてより深くなっていくストーリーとともよりパワーアップした本作。最高潮の興奮へと導いてくれる、この冬最強の物語から絶対に目が離せません!

ピエール・ボハナ、芦田愛菜さんに魔法の杖をプレゼント!

小道具の魔術師 ピエール・ボハナ

2018年10月2日(火)、「ハリー・ポッター」シリーズと「ファンタスティック・ビースト」シリーズ全ての作品で小道具を手掛ける造形美術監督のピエール・ボハナが来日し、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のオフィシャルアンバサダーを務める芦田愛菜とスペシャルイベントに登場!

主人公ニュートの使うトランク

イベントでは、最新作のアンバサダーも務め、ハリー・ポッター魔法ワールドの大ファンでもある芦田に、ピエールが芦田をイメージして制作した世界に一つだけの”魔法の杖”をプレゼントし、芦田は感激!またピエールが手掛けた数ある小道具の中で、最新作に登場するニュートのトランクとハリー・ポッター魔法ワールドシリーズの象徴ともいえる賢者の石などを実際に会場にお持ちいただき、ファンである芦田は勿論、会場に集まったファンたちも終始興奮した様子で話を聞き入っていました。

オフィシャルアンバサダーの芦田愛菜さん

「ハリー・ポッター」シリーズで登場する寮・スリザリンを彷彿とさせる緑のセーターを着た芦田は「スリザリン風なんです」と嬉しそうにコメントし、ピエールは「ピエールも僕もお気に入りの寮だよ」と笑顔を見せた。

熱気に包まれた会場で予告映像が流れると、芦田は「ナギニが出てきて、若き日のダンブルドアが見れて、ダンブルドアが持っているはずのニワトコの杖をグリンデルバルドが持っていてどうなるんだろう!気になります!」と目を輝かせた。

撮影で実際に使用された小道具

劇場には、ピエールがロンドンから持ってきた本作の撮影で実際に使用された小道具が展示されており、芦田は「こんなに近くに寄っていいんでしょうか!」と喜びの声を上げ、小道具を見渡しニュートのトランクが気になる様子。「ニュートがトランクの中に入っていくシーンがすごく好きです!」とコメント。また、本作に登場する賢者の石にも反応した芦田はピエールに触っていいか英語で質問し、ピエールからOKを貰い恐る恐る杖を手に持ち「重さは軽くもなく、重くもなく……私には重く感じます!」と興奮と緊張に満ちた表情を見せた。

グリンデルバルドの小道具が登場

また、このイベントで初めてお披露目となったジョニー・デップが演じるグリンデルバルドの小道具が登場。グリンデルバルドの骸骨の形をした所持品について、ピエールが「精霊を吸い込んだり吐き出したりするんだ」と小道具の説明をするとともに、「今作からジョニーの役が膨らんでいくよ」とコメントを寄せ、「脚本に書き込まれているもの、J.K.ローリングのアイディア、デイビッド・イェーツ監督、プロデューサー、衣装デザインのコリーン・アートウッドの提案するアイディアがあるので、それをまとめてどのように作っていくのか考えていったり、話し合いをして僕らは作業を進めていくんです」と小道具を作る過程も教えてくれた。

芦田さんだけのオリジナルの杖

イベントの最後に、ピエールが芦田のために作った杖をサプライズプレゼント!芦田は「嬉しすぎてなんて言葉にしていいのか分からないです!宝物にします!」と大興奮。「小学生の時に周りに杖を持っている子がいて羨ましかったんですけど、自分専用の杖なんて、本当にありがとうございます!」と感極まった芦田は、ピエールから教えてもらった正しい杖の持ち方で会場に「ルーモス!」と魔法をかけ、会場が熱気に包まれたままイベントは幕を閉じた。

オフィシャルアンバサダー芦田愛菜さん就任!

ハリーとニュートの声優に囲まれる芦田愛菜さん

2018年7月31日(火)、同作の公開を記念し、また今年は「ハリー・ポッターと賢者の石」が出版されてから20周年に向けたアニバーサリーキックオフイヤーであることから、「ハリー・ポッター」魔法ワールドの20周年セレブレーションイベントを開催いたしました。

イベント当日は、ハリー・ポッター、屋敷しもべ妖精ドビー、ニュートのコスプレなどをした約200名のファンたちが集まった熱気に包まれた会場で、「ハリー・ポッター」魔法ワールドの大ファンであり、共に成長してきた読書家としても知られる芦田愛菜さんが登場。最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』オフィシャルアンバサダーへ就任し、「ハリー・ポッター」魔法ワールドの一員となった喜びや魔法ワールドへの愛を語り尽くしました!

スネイプ先生がお気に入りと語る芦田愛菜さん

「ハリー・ポッター」の原作は全て読み、スネイプ先生がお気に入りのキャラクターと語る芦田さんは「本当に大ファンなので関わらせていただけてすごく嬉しいです!『ハリー・ポッター』シリーズが完結してしまって寂しかったので『ファンタビ』で新たなお話が始まって、『ハリポタ』に通ずる部分もあるので本当に映画の公開が楽しみです!」と、「ファンタビ」愛を明かしました。

ハリポタやファンタビのあのシーンを生アテレコ!

「エクスペクトパトローナム!」ハリーの名シーン
ニュートが淡々と優しくジェイコブと話すシーン

さらに「ファンタビ」シリーズで主人公ニュートの吹き替えを担当している宮野真守さんと、
「ハリー・ポッター」シリーズでハリーの吹き替えを担当した小野賢章さんという、未だかつてない両シリーズの主人公同士の奇跡のW登壇が実現!会場では、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』からの名シーンや、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』からそれぞれの特徴的なシーンを公開生アテレコというファン歓喜のイベントも催されました。

初代「ハリー・ポッターと賢者の石」を朗読する芦田愛菜さん

宮野さんと小野さんの公開生アテレコのお返しに、芦田さんが大好きな『ハリー・ポッターと賢者の石』の朗読をお2人の前で披露することに。芦田さんが本を読み終えると芦田さんの朗読に聞き入っていた小野さんは「100点満点です」、宮野さんは「みんな『ハリー・ポッター』を通ってきているんですね。素晴らしかったです」と大絶賛していました。

ニュート役のエディ・レッドメインさんからメッセージ

ニュート役のエディ・レッドメインさん

今回の芦田さんのアンバサダー就任に関して、ニュート役のエディ・レッドメインさんからメッセージが届いており、エディのメッセージとともに、コミコンで流されたコミコン予告映像を観客の皆さんと観ることに。ニュートからメッセージを見た芦田さんは「ニュートに名前を呼んでもらえるなんて大興奮です!」と喜び、宮野さんは新たな映像が収められた映像を見て「スケール感がまたすごくなりましたね!またホグワーツを見ることができるなんてワクワクします!」と今から本作の公開が待ちきれない様子でした。また、宮野さんはニュートの恋愛模様や、クリーデンスの存在も気になる様子で「(クリーデンスが)1作目であんなに闇の力を秘めていたので、2作目でもかき乱してくれる予感がする」と期待を込めます。一方芦田さんは「二フラーが可愛くて好き!ニュートに見つかった時の顔が好きです」とコメントを寄せると、宮野さんも「お騒がせ二フラーは出てこないとね!」と芦田さんに共感していました。

2018年11月23日(金・祝)、全国ロードショー

ファンタビ最新作の公開が待ち遠しい!

■配給:ワーナー・ブラザース映画
■公式サイト:fantasticbeasts.jp
■twitter:@fantabi_jp
■Instagram:@fantasticbeastsjp
■Facebook:fantasticbeastsjp
■公式ハッシュタグ #ファンタビ  
■魔法界 公式サイト:wizardingworld.jp
■コピーライト:(C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K. Rowling


【関連記事】▷舞台はホグワーツから、パリの魔法界へ。最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事