海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >関東 >千葉 >春爛漫の佐倉城址公園!日本100名城に1,100本の桜咲く!(千葉県佐倉市)

春爛漫の佐倉城址公園!日本100名城に1,100本の桜咲く!(千葉県佐倉市)

2018年04月01日

佐倉城址公園内にある本丸跡の桜

千葉県佐倉市にある佐倉城址公園の桜を紹介します。佐倉城址公園では、江戸時代より名桜と呼ばれる13品種の桜をはじめ、約50種、1,100本もの桜の花を観ることができます。また、公園に隣接する国立歴史民俗博物館では、「歴博夜桜観賞の夕べ」が開催され、桜のライトアップが楽しめます。昼と夜で表情の違う桜が楽しめる佐倉城址公園へ出かけてみてはいかがでしょうか。

「佐倉城址のさくら」とは!?

県内外から訪れる多くの花見客

千葉県佐倉市の佐倉城址公園では、公園内に咲く桜の花が見ごろを迎えています。佐倉城は、日本100名城に選定されている城です。例年、3月下旬から4月上旬にかけて、公園内では約50種、1,100本もの桜の花が咲き誇り、県内外から訪れる多くの花見客でにぎわいます。

2018年の今年は、4月3日(火)から4月8日(日)までの期間、佐倉城址公園の自由広場にて、お花見イベントである「佐倉城址のさくら」が開催されます。「佐倉城址のさくら」では、地元名産品の販売をはじめ、本丸跡では「猿回し」などの特別イベントが催されます。

「佐倉城址のさくら」の見どころ

名桜と呼ばれる13品種が揃う

「佐倉城址のさくら」の見どころは、本丸跡、馬出し空堀といった城跡の特異な地形に咲く多種多様な桜でしょう。なかでも、シロタエ、ジオウジギジョザクラ、ヤエムラサキザクラ、イチヨウなど、江戸時代より名桜と呼ばれる13品種の桜は必見です。

名桜13品種
・シロタエ
・ジオウジギジョザクラ
・ヤエムラサキザクラ
・ウコン
・イチヨウ
・フクロクジュ
・スザク
・ショウゲツ
・ヨウキヒ
・ミクルマガエシ
・フゲンゾウ
・カンザン
・アマノガワ

桜の希少品種が多い佐倉城址公園

「歴博夜桜観賞の夕べ」とは!?

夜桜屏風のような桜のライトアップ

佐倉城址公園に隣接する国立歴史民俗博物館では、お花見イベント「佐倉城址のさくら」にあわせて、「歴博夜桜観賞の夕べ」を開催します。「歴博夜桜観賞の夕べ」とは、国立歴史民俗博物館による桜のライトアップです。

桜のライトアップ「歴博夜桜観賞の夕べ」が開催されるのは、2018年3月28日(水)から4月8日(日)までの期間です。開催時間は、18:00から20:00までです。国立歴史民俗博物館のエントランスホールが特別開放され、そこから望む桜の木々は、まるで漆黒の闇に浮かび上がる夜桜屏風のようです。

なお、国立歴史民俗博物館では、企画展示「世界の眼でみる古墳文化」、特集展示「和宮ゆかりの雛かざり」も同時開催中です。それぞれの展示会では、国立歴史民俗博物館ならではのユニークな展示方法で日本の歴史を身近に学べます。

佐倉城址公園へのアクセス方法

満開の桜の花

佐倉城址公園へ行くには、電車とバスを利用すると便利です。佐倉城址公園の最寄りとなる駅は、京成本線京成佐倉駅です。佐倉駅から佐倉城址公園までは、ちばグリーンバスが運行されています。佐倉駅南口から乗車し、国立博物館入口、または国立歴史民俗博物館前で下車します。

自動車で佐倉城址公園へ行くには、東関東自動車道・佐倉インターチェンジを利用すると便利です。佐倉城址公園には約200台分の駐車場(無料)があります。花見シーズンは大変混み合いますので、早めの来園をおすすめします。

■ 佐倉城址のさくら(佐倉城址公園)
・住所: 〒285-0017 千葉県佐倉市城内町
・最寄駅: 京成本線京成佐倉駅
・開催期間: 2018年4月3日(火)~4月8日(日)
・URL: http://www.city.sakura.lg.jp/0000005580.html

江戸時代より名桜と呼ばれる13品種の桜が観賞できる「佐倉城址のさくら」。昼と夜で表情の違う桜を観に、佐倉城址公園へ出かけてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事