海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >甲信越 >長野 >長野・軽井沢に「カブトムシの森」が誕生! あのヘラクレスオオカブトもいるぞ!

長野・軽井沢に「カブトムシの森」が誕生! あのヘラクレスオオカブトもいるぞ!

2018年07月14日

常時100匹以上のカブトムシがいる「カブトムシの森」

長野県軽井沢町の軽井沢プリンスホテル ウエストが運営する「カブトムシの森」を紹介します。「カブトムシの森」では、常時100匹以上のカブトムシが放し飼いにされています。カブトムシの生態を間近で観察したり、気に入ったカブトムシは、その場で購入したりすることができます。夏休みの家族団らんにおすすめの「カブトムシの森」へ出かけてみてはいかがでしょうか。

「カブトムシの森」とは!?

子供だけでなく、大人もワクワクする「カブトムシの森」

長野県軽井沢町にある軽井沢プリンスホテル ウエストは、2018年7月7日(土)から8月26日(日)までの期間、子供達が自然や生きものと直接ふれあえる「カブトムシの森」を、夏休み期間限定でオープンさせます。なお、「カブトムシの森」の開催中、「世界のカブトムシ展示」と「目指せNo.1!カブトムシ相撲大会」も同時に開催されます。

「カブトムシの森」の入場料は、1人500円です。また、カブトムシ、ケース(土付き)、エサの3点セットを700円で、カブトムシのみを500円で販売しています。入場の際、小学生以下は保護者の同伴が必要です。営業時間は、9:00から17:00(最終入場16:30)までです。
※2018年8月11日(土)から8月15日(水)の期間は、20:00(最終入場19:30)まで延長

自分の気に入ったカブトムシが購入できる

気に入ったカブトムシは持ち帰りが可能(1匹500円)

「カブトムシの森」は、常時約100匹のカブトムシが放し飼いにされ、子供達が直接カブトムシとふれあえるようになっています。「カブトムシの森」は、軽井沢プリンスホテル ウエストの敷地内のもみじ山に自生する木を生かして作られています。

「カブトムシの森」では、昆虫たちにとって快適な環境の中、さまざまなカブトムシが暮らしています。ここでは、野生に近い姿で暮らすカブトムシの生態を間近に観察したり、ふれあったりすることができるほか、お気に入りのカブトムシをケースに入れて持ち帰る(有料)ことができます。

「世界のカブトムシ展示」と「目指せNo.1!カブトムシ相撲大会」

世界最大のカブトムシ「ヘラクレスオオカブト」は体長18センチメートル以上になることも

「カブトムシの森」の開催中、目玉イベントとして、「世界のカブトムシ展示」が催されます。「ヘラクレスオオカブト」や「ニジイロクワガタ」など、世界のさまざまな地域のカブトムシやクワガタが展示されます。また、「目指せNo.1!カブトムシ相撲大会」も行われます。自分で選んだカブトムシを丸太の土俵の上で対決させ、トーナメント方式で優勝を目指します。

■カブトムシの森(軽井沢プリンスホテル ウエスト)
・住所:〒389-0103 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
・開催期間:2018年7月7日(土)~8月26日(日)
・URL:http://www2.princehotels.co.jp/karuizawa/nature/limited/limited02.html

世界一美しいと言われ、七色に輝く「ニジイロクワガタ」
カブトムシ相撲大会で目指せ優勝!

いかがでしたか。常時100匹以上のカブトムシが放し飼いにされている「カブトムシの森」を紹介しました。小さなお子さんと一緒にお気に入りのカブトムシを探しに、「カブトムシの森」へ出かけてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース