海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >九州 >鹿児島 >鹿児島で春を楽しもう! おすすめのお花畑&イチゴ狩り特集

鹿児島で春を楽しもう! おすすめのお花畑&イチゴ狩り特集

2019年03月17日

「フラワーパークかごしま」から見る開聞岳

九州最南端の鹿児島に、ぽかぽかと春が訪れています。南から吹くあたたかい風にのって、甘くてやさしい花々の香りが広がり、春の果実がぷっくりと実をつけはじめました。今回は、鹿児島でおすすめのお花畑&イチゴ狩りスポットを紹介します。お花畑の見どころ、イチゴ狩りの楽しみ方を解説します。春の訪れを感じに、鹿児島を旅してみませんか。

フラワーパークかごしま(鹿児島県指宿市)

「フラワーパークかごしま」の花々

「フラワーパークかごしま」は、薩摩半島最南端の長崎鼻の近くに位置する植物園です。温暖な気候と天然の松林の地形をいかした園内では、季節ごとに違った美しい植物を楽しむことができます。

広大な敷地は36.5ヘクタールにもわたり、南アフリカやオーストラリアなど世界各地の亜熱帯植物が植栽されたエリアやヨーロッパ風の屋内庭園、西洋庭園などがあります。また、温室では、世界一大きな花が咲くショクダイオオコンニャクを観ることができます。

さらに、この「フラワーパークかごしま」からは、別名「薩摩富士」として有名な開聞岳の美しい景色を楽しむこともできます。

「フラワーパークかごしま」の滝

入園して、まず目に飛び込むのがこちらの滝です。マイナスイオンがたっぷり! 園内では、さまざまな景観を楽しむことができますので、ウォーキングに最適です。家族やカップルで、ゆったりと自然のなかを散策するのはいかがでしょう。

なお、「フラワーパークかごしま」の近くには、摺ヶ浜温泉、弥次ヶ湯温泉、二月田温泉など、魅力的な温泉街が点在しています(総称:指宿温泉)。自然を満喫した後は、ゆったり温泉につかるのもいいですね。忙しい日常を忘れて、花や温泉など自然のなかでのんびりと癒されてみてください。

■フラワーパークかごしま
・住所:〒891-0513 鹿児島県指宿市山川岡児ケ水1611
・営業時間:9:00~17:00
・休業日:無休
・URL:http://www.fp-k.org/

井手農園(鹿児島県指宿市)

イチゴ狩りを楽しむ親子

鹿児島では冬から春にかけてイチゴ狩りを楽しめるスポットがたくさんあります。そのうちのいくつかを紹介しましょう。

まず紹介するのは、鹿児島県指宿市にある「井出農園」です。

前述した「フラワーパークかごしま」の近くにあります。「井手農園」では、家族で楽しくおしゃべりをしながら、イチゴ狩りが楽しめます。

ずらりと並ぶイチゴたち

ビニールハウスの中に入ると、イチゴの甘い香りがいっぱいで、幸せな気持ちになれます。さあ、がんばって真っ赤なイチゴを探しましょう。

「井手農園」のイチゴ狩りは、ハウス内でイチゴを食べることはできません。受付で専用の容器をもらい、採ったイチゴの重さに応じて料金を支払います。ご注意くださいね。

容器にいっぱいのイチゴ

張り切って、こんなにたくさんイチゴを収穫してしまいました! スーパーなどで買うより、このように自分で摘んだイチゴを食べると、おいしさも倍増です。

■井手農園
・住所:〒891-0516 鹿児島県指宿市山川成川4126
・営業時間:8:30~17:00

チェスト館(鹿児島県日置市)

「チェスト館」の外観

次は、鹿児島県日置市にある「チェスト館」の紹介です。

イチゴとは関係のなさそうな名前ですが、ここでもイチゴ狩りを楽しむことができます。「チェスト館」は、鹿児島市から車で20~30分と近いですから、気軽に遊びに行くことができます。

筆者たちが行った時は、あいにく雨が降っていたのですが、天気に関係なく楽しめるのがイチゴ狩りの魅力ですよね。何といってもハウスの中にイチゴがなるのですから。

「チェスト館」のイチゴたち

こちらでは、ちょうど大人の腰の高さでイチゴ狩りを楽しむことができます。腰をかがめる必要がありませんので、とても摘みやすいです。なお、「チェスト館」もハウス内でイチゴを食べることはできませんので、ご注意ください。

いつもたくさんのお客さんでにぎわっていますので、なるべく朝の早い時間帯に行ったほうが、真っ赤なイチゴがたくさんありますよ。

地元で人気のソフトクリーム

「チェスト館」のイチゴは、やや小ぶりですが、一粒一粒に甘酸っぱさがギュっと詰まっていておいしいです。また、地元では、このイチゴを使ったソフトクリームが大人気です! こちらもぜひ食べてみてください(1つ300円)。

■チェスト館
・住所:〒899-2515 鹿児島県日置市伊集院町竹之山220-1
・営業時間:9:00~17:00
・URL:https://www.city.hioki.kagoshima.jp/nousei/sangyo-business/sangyo/nogyo/bussankan/chiesutokan.html

北之迫農園(鹿児島県薩摩川内市)

「北之迫農園」の外観

次に紹介するのは、鹿児島県薩摩川内市の「北之迫農園」です。

のどかな山のなかにある、こちらの農園では、こだわりのイチゴを楽しむことができます。

イチゴ狩りを楽しむ子ども

「北之迫農園」では、ハウスに入った途端、フルーティな香りが出迎えてくれます。さあ、楽しいイチゴ狩りタイムの始まり。大人も子どもも夢中になってイチゴ狩りを楽しめます。「北之迫農園」も、ハウス内でイチゴを食べることはできませんので、ご注意ください。

「北之迫農園」で摘んだイチゴ

こちら(上の写真)が、「北之迫農園」で摘んだイチゴです。ほかの一般的なイチゴと同じ外見かと思いきや、びっくりするのは、口に入れたときの香りの広がりです。また、イチゴの甘酸っぱさに加えて、桃のようなやさしい香りと甘さも兼ね備えています。「育て方によって同じイチゴでも味はまったく異なる」というのはご主人の言葉。

おいしいイチゴを食べたい方、イチゴの味にこだわる方は、ぜひ「北之迫農園」に足を運んでみてください。例年4月頃までイチゴ狩りが楽しめるそうですが、イチゴの生育状態によって早く閉園することもあるようです。

■北之迫農園
・住所:〒895-1102 鹿児島県薩摩川内市東郷町藤川59

片平観光農園(鹿児島県日置市)

「片平観光農園」の外観

最後に、鹿児島県日置市の「片平観光農園」を紹介します。

「片平観光農園」では、その場でイチゴを食べることができる「食べ放題」のイチゴ狩りを楽しむことができます。とってもぜいたくですね! もちろん、持ち帰りもできます。

「片平観光農園」のハウス

受付で容器を受け取ったら、さあ、イチゴ狩りスタート! 「片平観光農園」も「チェスト館」と同様に、イチゴが腰の高さに実っています。立ったままイチゴが探せますので、疲れることがあまりありません。とっても摘みやすいです。

「片平観光農園」のイチゴ

おいしいイチゴがたくさんとれました♪ みずみずしくて甘いイチゴを家族みんなでおいしくいただきました。イチゴはビタミンCがたっぷりで美肌効果、葉酸も豊富で貧血予防にも効果があるといわれています。

■片平観光農園
・住所:〒899-2431 鹿児島県日置市東市来町美山2227 隣
・営業時間:10:00~17:00
・URL:http://katahira-ichigo.sakura.ne.jp/

いかがでしたか。鹿児島でおすすめのお花畑&イチゴ狩りスポットを紹介しました。今度の鹿児島旅行の参考にしてみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース