海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >東海 >愛知 >水着ではしゃげる夏フェス!「りんくうビーチフェス2018」(愛知県常滑市)

水着ではしゃげる夏フェス!「りんくうビーチフェス2018」(愛知県常滑市)

2018年06月10日

開放感たっぷりの夏フェス

愛知県常滑市の常滑りんくうビーチで開催される「りんくうビーチフェス2018」を紹介します。「りんくうビーチフェス2018」は、水着で参加できる夏フェスです。東海地区最大級の夏フェスとして知られ、国内外から人気のアーティストやダンサーが集結します。ビーチあり、ダンスミュージックありと開放感たっぷりの夏フェスに出かけてみてはいかがでしょうか。

「りんくうビーチフェス2018」とは!?

会場となる常滑りんくうビーチ

水着で楽しめる夏フェス「りんくうビーチフェス2018」が、2018年8月4日(土)と8月5日(日)の2日間、愛知県常滑市の常滑りんくうビーチ特設会場にて開催されます。

2016年にスタートした「りんくうビーチフェス」は、水着で気軽に参加できるビーチリゾート型の音楽フェスです。今年で3回目の開催となる「りんくうビーチフェス2018」では、東海エリアを中心に活躍するDJをはじめ、アーティストやダンサーが珠玉のパフォーマンスを繰り広げます。

昨年は、アーティストやダンサーなどのライブパフォーマー50組が参加し、総勢約5,000名の観客でにぎわいました。今年も「東海アップ」「愛知アップ」をテーマに、地域密着型のイベントとしてさらに盛りあがりそうです。

「りんくうビーチフェス2018」の楽しみ方

アリーナごとに変わるダンスミュージック!

「りんくうビーチフェス2018」の楽しみのひとつは、水着で音楽フェスに参加できるところでしょう。水着姿の参加者と人気のアーティストらがひとつになる、夏ならではのフェスです。「りんくうビーチフェス2018」は、元来の野外フェスとは異なり、会場が完全にビーチ内に設営されています。驚くことに、海の中までフェス会場が広がっています。

「りんくうビーチフェス2018」の会場では、音楽の種類別にふたつのステージが用意されます。ひとつは「EMPアリーナ」で、もうひとつは「アンダーグランドアリーナ」です。

「EMPアリーナ」では、BEACH HOUSE、ELECTRO、EDM、TECHNOをメインとする音楽を、アーティストやダンサーと一緒に楽しめます。「アンダーグランドアリーナ」では、HIP-HOP、R&B、REGGAEなどの音楽と、旬なアーティストによるライブやダンスショーが楽しめます。

「プライベートビーチエリア」と「VIPエリア」

会場内にはフォトジェニックポイントも!

「りんくうビーチフェス2018」では、ビーチと音楽をゆったりと楽しめるふたつのエリア、「プライベートビーチエリア」と「VIPエリア」が設けられます。

「プライベートビーチエリア」では、ビーチマットとパラソルが完備されており、横になって日光浴をしたり、かわいらしいフラミンゴフロートで海遊びをしたりと、人目を気にせずのんびりとビーチフェスを満喫できます。

「VIPエリア」では、気の合う仲間同士でワイワイとはしゃぎながら、シャンパンやカクテルなど、キンキンに冷えた本イベント特製のアルコールドリンクを楽しむことができます。

会場(常滑りんくうビーチ)への行き方

夜20:00まで大盛りあがり!

「りんくうビーチフェス2018」の会場となる常滑りんくうビーチへ行くには、電車を利用すると便利です。常滑りんくうビーチの最寄りとなる駅は、名古屋鉄道常滑線常滑駅、または名古屋鉄道空港線りんくう常滑駅です。常滑りんくうビーチは、それぞれの駅から徒歩圏内にあります。

自動車で常滑りんくうビーチへ行くには、中部国際空港連絡道路・りんくうインターチェンジを利用すると便利です。常滑りんくうビーチには、有料の駐車場(普通車約200台分)があります。

■りんくうビーチフェス2018
・住所:〒479-0882 愛知県常滑市りんくう町2
・開催期間:2018年8月4日(土)~8月5日(日)
・URL:http://www.rinkubeachfes.com/

いかがでしたか。水着で参加できる東海地区最大級の夏フェス「りんくうビーチフェス2018」を紹介しました。開放感たっぷりの夏フェスに、友達を誘って出かけてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事