海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >オセアニア >オーストラリア >アデレード >南オーストラリアのクリスマスマーケットのキーワードはハンドクラフト(オーストラリア・アデレード)

南オーストラリアのクリスマスマーケットのキーワードはハンドクラフト(オーストラリア・アデレード)

2018年12月15日

南半球のサンタクロースはちょっと暑そう

オーストラリアの南に位置する南オーストラリアの州都アデレードでは、毎年11月中旬からクリスマスにかけて、各地の公園や広場などでクリスマスマーケットが開催されます。南オーストラリアのマーケットは、クリスマス関連というよりも、どちらかというとハンドクラフトのものが多く、アーティストたちが自分たちの作品を販売してする場のひとつになっています。彼らにとっては自分たちの作品を出せる場所であり、買う方にとっては一点ものに巡り合うチャンスでもあります。クリスマスだからこそそんなスペシャルなプレゼントを選びたいものです。南半球のクリスマスは夏! アイスコーヒーやスムージーを片手に巡る、オーストラリアのクリスマスマーケットを紹介します。

南オーストラリアのフレンチマーケット

会場のあちらこちらに見かけるフランス色のリボン

「ボンジュール」を合言葉に、南オーストラリアのクリスマスマーケットの最初を飾るのは、アンリー地区で行われるフレンチマーケットです。5年前からスタートしたこのマーケットは、今では人気のクリスマスイベントとして有名になりました。

また、フランスとオーストラリアには、共通点のあることも、このマーケットの人気の秘密。その共通点とは、ワイン、オリーブ、チーズ、この3つです。会場ではワインを片手におしゃべりをする人たちが目立ちます。

このフレンチマーケットは、買い物をするだけではなく、ワインを飲みながらおしゃべりを楽しむイベントでもあるのです。これから夏を迎えるオーストラリア。2018年のフレンチマーケットは、フランス雑貨のカゴバックが人気のようです。

淡い色合いが人気のカゴバック
会場内で見かけたクリスマス柄の雑貨
フランスより届いたクリスマス限定商品

洋館で開催されるハンドクラフトマーケット

まさに洋館の豪勢さ

次に紹介するのは、若いアーティストたちによる「ダスク・アーツ・マーケット(Dusk Arts Market)」です。Dusk(夕暮れ)の意味のとおり、夕方17:30からわずか4時間だけオープンするマーケットです。しかも平日!

会場となるカークルー(CARCREW)と名前の付いた洋館は、アデレードでも高級住宅地として知られているノース・アデレードの一角にあります。場所的にも、こちらのマーケットにはおしゃれな人が集まるようです。

クリスマスにはちょっと早いけど花束のプレゼント用に
会場ではクリスマスキャロルが歌われていました

マーケットを覗くと、小さな折り鶴でピアスを作っているアーティストさんがいました。プレゼント用の作品だけではなく、カレンダーやカード類の販売、また、クリスマス用の花なども売られています。こちらのアーティストの作品は、すべて南オーストラリア発です。

これからのシーズン、クリスマスまでこのようなクリスマスマーケットが各所で行われます。

クレジット・ユニオン・クリスマス・ページェント

アデレード最大のクリスマスパレード

南オーストラリアのクリスマスパレードといえば、「クレジット・ユニオン・クリスマス・ページェント(Credit Union Christmas Pageant)」でしょう。毎年11月上旬の週末、州都アデレードで開催されるビッグイベントです。

2018年の「クレジット・ユニオン・クリスマス・ページェント」は、11月10日(土)に開催されました。パレードは、66のクリスマスオブジェを中心に、260人のピエロ、170の移動式演奏セット、21のダンスグループ、15の生バンドなど、華やかに通りを練り歩いていきました。

2019年の「クレジット・ユニオン・クリスマス・ページェント」は、11月9日(土)に開催される予定です。

■クレジット・ユニオン・クリスマス・ページェント(Credit Union Christmas Pageant)
・開催期間:2019年11月9日(土)
・URL:http://www.cupageant.com.au/

クリスマスマーケットに行く際の注意

12月の南オーストラリアはクリスマスパレードと共にクリスマス一色

12月になると、オーストラリアは夏の季節に入ります。日中は35度以上になることも。日本とはまったく違う日差しのため、注意が必要です。

●ペットボトル
思っている以上に身体が脱水状態になりやすいです。飲み水を必ず持参しましょう。イベントによっては給水所があります。

●日焼け止め
お買い物に夢中になって、知らないうちに日焼けをしたということのないように、日焼け止めを必ず塗っておきましょう。

●駐車場
イベントによっては、路上駐車をしなければならないことも。路上の場合は、すべてが無料とは限りません。道路の標識を確認して駐車違反のないように。

●夜間のドライブ
日没後の郊外の運転には充分注意しましょう。カンガルーなどの動物との接触事故が増えます。お出かけの際は、なるべく日没前に市内まで帰ってくることをおすすめします。

いかがでしたか。南オーストラリア・アデレードのクリスマスマーケットを紹介しました。日本ではなかなか体験できない真夏のクリスマスマーケットを楽しんでみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー