海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >ショッピング >オセアニア >オーストラリア >アデレード >これだけは手に入れたい! スーパーマーケットで気軽に買えるオーストラリアのお土産6選

これだけは手に入れたい! スーパーマーケットで気軽に買えるオーストラリアのお土産6選

2019年01月04日

スーパーマーケットで気軽るに買えるお土産

旅につきものなのが、家族や友人、会社などへのお土産選び。何にしようか考えるのも楽しみのひとつですよね。オーストラリアのお土産だけではなく、今回は、南オーストラリア州ならではのアイテムも紹介します。産地限定ならではで、しかもスーパーマーケットなどで気軽に買えるお土産をセレクトしてみました。今回紹介するお土産は、オーストラリアまたは南オーストラリア限定で、しかも身近なスーパーマーケットで気軽に買える品ばかりです。

オーストラリアの定番中の定番スナック「TimTam」

季節限定のオリジナル味もある「TimTam」

「TimTam(ティムタム)」は、定番中の定番といわれるオーストラリアのお土産。アーノッツ・ビスケット社の人気商品で、ベーシックなチョコレートコーティングのモノから、ビター味やキャラメル味、ミント味などたくさんの種類があります。気軽に渡せるミニサイズやファミリーパックまでサイズも豊富です。

スーパーマーケットでは、たまにセールでかなりお値打ちになります(安い時は、半額になることも)。また期間限定の「TimTam」もありますので、かならずチェックしてみてください。

「TimTam」でやってみよう! 「TimTam Slam」というパフォーミングが、オーストラリア人に人気です。牛乳にミロ(ココア味の粉末飲料)を入れて、「TimTam」で吸うというもの。「TimTam」の一隅をかじり、反対側に飲み物をつけて、かじったところから吸います。「TimTam」の甘みがやわらぎますので、一度試してみてください。

■アーノッツ・ビスケット社(Arnott's Biscuits)
・URL:https://www.arnotts.com/products/tim-tam/

サーフィンで有名な「ByronBay」のサクサククッキー

ひとくちで手軽に食べられるサイズ

「Byron Bay(バイロンベイ)」といえば、ニューサウスウェルズ州にあるサーフィンで有名な場所。今から30年前にこの地域で生まれた「Byron Bay Cookie(バイロンベイ・クッキー)」は、カフェで売られていたり、オーストラリア国内線のスナックとして出てきたりと、とてもポピュラーなクッキーです。最近では、スーパーマーケットでも買えるようになりました。

オーストラリアのクッキーは、比較的甘いものが多いのですが、こちらのクッキーは、かなり軽い感じで、サクサクとした食感が後をひきます。クッキーが入っているとは思えないパッケージも素敵です。また、一袋が小さいですから、とても食べやすいです。

■バイロンベイ・クッキー(Byron Bay Cookie)
・住所:6 Brigantine Street, Byron Bay New South Wales 2481
・URL:https://cookie.com.au/

フルーツ果実の入った「FruChocs」のチョコレート

フルーツの果実が入ったチョコボール

今から70年も前に製品化された南オーストラリア州生まれの「FruChocs(フルチョックス)」。南オーストラリア州で見かけるチョコレートは、ほかの州やヨーロッパから輸入されたチョコレートが多いのですが、これだけは違います!

少し大きめのチョコボールで、中にはアプリコットやイチゴの果実が入っています。ひとくちサイズですから食べやすく、小さなパッケージからファミリーサイズまで揃っていますので、バラマキ用のお土産にも最適です。

■FruChocs(フルチョックス)
・URL:https://fruchocs.robernmenz.com.au/

ヘルシーフードが人気! 「TUCKERS」のクラッカーとフルーツペースト

クラッカーとペーストのセットはお酒のおつまみにも最適です

オーガニック好きには、「TUCKERS(タッカーズ)」のクラッカーとフルーツペーストがオススメです!

スポーツが大好きなタッカーご夫妻。身体を鍛えるだけではなく、健康にも気を遣い作り始めたのが、このクラッカーが生まれた理由です。ふたりは、家庭では伸び盛りの男の子3人のパパとママです。そんなふたりが自然にこだわり、子供たちに食べさせても安心なスナック、グルメクラッカー、フルーツペーストを作りました。

「TUCKERS」の商品は、食べきりサイズになっているのもうれしいポイントです。軽い感じのクラッカーではありませんが、薄味がついていますので、何ものせなくてもおいしいです。ローズマリー&ロックソルト、チーズ&チャイブ、コリアンダー&ペッパーと味も豊富ですから、渡す方を思い浮かべながらセレクトしてみてください。

また、フルーツペーストは、イチジク、チェリー、カリンの3種類があり、クリームチーズやヨーグルトとの相性もばっちりです。クラッカーと一緒にいかがでしょうか。

■TUCKERS(タッカーズ)
・URL:http://tuckersnatural.com.au/

オーガニック旋風を巻き起こした「OXFAM fair」のコーヒー

オーストラリアのコーヒー文化を日本で

今から10年ほど前に南オーストラリアでスタートしたコーヒービジネスは、「Fair Espresso」と呼ばれています。ヨーロッパの影響を多分に受けてきたオーストラリアのコーヒー文化に、オーガニック旋風を巻き起こしたのが、こちらの「OXFAM fair(オックスファム・フェア)」のコーヒーです。

かつては、オーストラリア・アデレード市内のオーガニック系のカフェでしか飲むことができなかったオーガニックコーヒー。その味を家庭でも楽しめるようにと、オーガニックなコーヒー豆が販売されるようになりました。オーストラリアのコーヒーカルチャーの味を日本で試してみてください。

■OXFAM fair(オックスファム・フェア)
・URL:https://shop.oxfam.org.au/oxfam-fair-world-blend-organic-espresso-ground-cof/

チップスに欠かせない「Mitani」のチキンソルト

オリジナルのチキンソルトといえば、コレです。

オーストラリアのカフェやレストランのメニューに必ずあるのが、フィッシュ&チップス。オーダーすると、「塩とチキンソルト、どちらをかける?」と聞かれます。オーストラリアでチップス(フライドポテト)に振りかけるのが、こちら「Mitani(ミタニ)」のチキンソルト。

「Mitani」のチキンソルトは、南オーストラリア産。1979年に開発された代物です。もちろん、ただのソルトではないのです。チキンスープベースに海塩、タマネギ、ニンニク、パプリカなどを加え、香りに味にこだわっているチキンソルトなのです。現在では、いくつかのブランドがありますが、元祖といったらやはり「Mitani」です。

さまざまな料理に使える優れもので、「Mitani」の公式サイトでは、たくさんのレシピが公開されています。お土産と一緒にどんな料理に使えるのかも話のネタになるのでは。小さいので持ち帰りにも便利です。

■Mitani(ミタニ)
・URL:https://www.mitani.com.au/

オーストラリアのお土産がオンラインで購入できる! 大量購入や「バラマキ」用にも最適なサービスとは?

プロポリス リップバーム2本セット

最後に、日本に居ながらネットで海外のお土産を購入できるサービスを紹介します。

オーストラリアの旅行で、あの方へのお土産は何にしようと考えるのは楽しいものですが、会社の同僚への「バラマキ用」のお土産探しとなると気が重くなる方も多いのではないでしょうか。また、現地でのお土産を探す時間を削減したい、重い荷物となって帰国するのを避けたいという方に、オススメのサービスがあります。

海外お土産の「迷う・探す・持ち歩く」手間から開放してくれるサービスが、JTBの「ワールドショッピングプラザ」です。オンラインでオーストラリアのお土産を旅行前に購入したり、旅行後に「あの人にお土産を買い忘れてしまった」にも対応できるので便利です。次のオーストラリア旅行は、希望日に自宅へ宅配してくれるお土産のネット購入もオススメです。

■JTB「ワールドショッピングプラザ」
・URL:http://www.worldsp.jp/arukikata/

いかがでしたか。オーストラリアまたは南オーストラリア限定で、しかも身近なところで気軽に買えるお土産を紹介しました。今度のオーストラリア旅行の参考にしてみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

オーストラリアの現地ツアー