海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >ヨーロッパ >スイス >チューリッヒ >スイス・チューリッヒ旅行で必ず立ち寄りたい! フォトジェニックなスポット5選

スイス・チューリッヒ旅行で必ず立ち寄りたい! フォトジェニックなスポット5選

2019年02月15日

チューリッヒの空に映える「グロスミュンスター大聖堂」

一人旅行でも楽しめるスイス・チューリッヒ。街を歩けば、インスタ映えするスポットが盛りだくさんです。観光名所の「グロスミュンスター大聖堂」には、スイス人画家の美しいステンドガラスがあり、塔の最上階からの眺めもすばらしいです。石畳の広がる旧市街「アウグスティーナーガッセ」は、中世の雰囲気が今も残る小路。愛の橋と呼ばれる歩道橋「ミューレステク」には、南京錠で愛を誓った証がズラリ。そのほか、”インスタ映え”、”フォトジェニック”をテーマにおすすめスポットを紹介します。

ふたつの塔が目印の「グロスミュンスター大聖堂」

夕日が当たると神秘的な「グロスミュンスター大聖堂」

チューリッヒのランドマークでもある「グロスミュンスター大聖堂(Grossmünster)」は、12世紀初頭にロマネスク様式で建てられました。その後、一度火災で焼失しましたが、18世紀に再建され、現在の姿が残ります。
 
大聖堂に一歩入ると、スイス人画家アウグスト・ジャコメッティ(Augusto Giacometti)氏が手がけたすばらしいステンドグラスが現れます。その美しさには、目を奪われてしまうほど。大聖堂内での撮影はできませんが、必見の価値です。おみやげにはポストカードがおすすめです。
 
そして、もうひとつの見どころが、カールス塔(Karlsturm)からの眺め! 最上部からは、チューリッヒ市内が一望できます。快晴の日には、太陽の光を浴びて美しい街並みがキラキラと輝きます。

■グロスミュンスター大聖堂(Grossmünster)
・住所:Grossmünsterplatz, 8001 Zürich, Switzerland
・最寄駅:ヘルムハウス(Helmhaus)駅、トラム4・15番が停車
・URL:https://www.grossmuenster.ch/

中世の雰囲気が残る「アウグスティーナーガッセ」

歴史を感じるカラフルな木製の出窓
国旗が雰囲気を盛りあげてくれる「アウグスティーナーガッセ」

チューリッヒ市内の目抜き通り、バーンホフ通りから石畳の広がる路地に入ると、見えてくるのが「アウグスティーナーガッセ(Augustinergasse)」。ガッセ=Gasseとは、ドイツ語で「裏通りの小路」という意味。
 
17世紀に中世の職人たちが移り住んだこのエリア。両サイドの建物には、美しく装飾された出窓や歴史を感じさせる店の看板が今も健在し、中世の雰囲気が漂います。歩行者用となっている路地には、おしゃれなカフェやレストランが連なりますので、街歩きにもおすすめ。
 
カラフルな建物や装飾は、まさにフォトジェニックスポット! イベントや季節ごとに掲げられる国旗と共に撮影すれば、インスタ映えする一枚が撮影できるでしょう。

■アウグスティーナーガッセ(Augustinergasse)
・住所:Augustinergasse, 8001 Zürich, Switzerland

愛の証がかけられた橋「ミューレステク」

南京錠が掛けられた「ミューレステク」
透明度の高いリマト川とのコントラストが素敵

チューリッヒ中央駅から徒歩5分程の場所にあるのが、歩行者用の橋「ミューレステク(Mühlesteg)」。この橋には、多くの愛の証が形となって残っています。チューリッヒを訪れるカップルが橋の上で愛を誓い、その証に想いを込めた南京錠をかけていくのです。今では、橋の両サイドのフェンスが、カラフルな南京錠で埋め尽くされつつあり、新たな観光名所となっています。

市内の中心部を流れる、透明度の高いリマト川とのコントラストも絵になります。また、橋の中央には撮影ポイントもありますので、チューリッヒの街並みや湖の風景を楽しんでみましょう。

■ミューレステク(Mühlesteg)
・住所:Mühlesteg, 8001 Zürich, Switzerland

新緑や紅葉がきれいな「リンデンホフの丘」

夏は新緑、秋は黄金色に染まる公園内
リマト川を一望できる絶景スポット

地元民の憩いの場所としても人気のある「リンデンホフの丘(Lindenhof)」には、菩提樹の樹々が茂っており、夏は濃い緑色、秋は黄金色に染まり、四季折々に素敵な姿をみせてくれます。
 
広場内にはベンチも用意されており、天気がよい日には昼食をとる学生やビジネスマンが多く訪れます。木陰で過ごす時間は、とても気持ちがよいものです。また、小高い場所に位置する広場からは、街の中心を流れるリマト川、チューリッヒ市街、ふたつの塔が目印の「グロスミュンスター大聖堂」を一望でき、絶好の撮影ポイントでもあります。
 
ベンチや外壁に腰掛けて撮影すれば、とてもすてきな一枚が撮影できますよ。

■リンデンホフの丘(Lindenhof)
・住所:Lindenho, 8001 Zürich, Switzerland
・URL:https://www.stadt-zuerich.ch/ted/de/index/gsz/natur-_und_erlebnisraeume/park-_und_gruenanlagen/lindenhof.html

おしゃれなブティックが連なる「イム・ヴィアドゥクト」

500メートルにもわたり、ブティックや飲食店が連なる
夜の「イム・ヴィアドゥクト」の景色 ©Lea Huser

2010年に商業施設としてオープンしたのが、おしゃれな雰囲気の「イム・ヴィアドゥクト(IM VIADUKT)」。2011年にはさまざまな建築賞を受賞しており、その外観はとてもユニーク。500メートルにも連なる高架下の店には、女性ならつい足を止めてしまうような、おしゃれなブティックが建ち並びます。
 
ファッション以外にも地元の人が利用するジム、美容室、託児所などがあり、現地の人から観光客までもが楽しめる場所として、日々多くの人が訪れます。なかでも、マーケットホール(Malkthalle)やレストランでは、世界各国の味が楽しめ、昼食時にもなると周辺で働いているビジネスマンや学生などが訪れ、にぎわいをみせます。

■イム・ヴィアドゥクト(IM VIADUKT)
・住所:Limmatstrasse 231, 8005 Zürich, Switzerland
・URL:https://www.im-viadukt.ch

いかがでしたか、”インスタ映え”、”フォトジェニック”をテーマにおすすめスポットを紹介しました。スイス・チューリッヒ旅行の際は、カメラを片手にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

スイスの現地ツアー