海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >観光 >ヨーロッパ >スイス >チューリッヒ >スイスの休日は「パーク・イム・グリュエネ」でブランチを楽しもう(スイス・チューリッヒ)

スイスの休日は「パーク・イム・グリュエネ」でブランチを楽しもう(スイス・チューリッヒ)

2019年05月09日

ミグロ・レストランの外観

家族でブランチを楽しむのにオススメの場所が、「パーク・イム・グリュエネ(Park im Grüene)」という自然豊かな公園です。スイス国内6箇所に点在し、園内ではリラックスしたり食事を楽しんだりできます。今回は、チューリッヒ中央駅から30分で行ける「パーク・イム・グリュエネ」を紹介します。広々とした公園内のミグロ・レストランでは、ブランチメニューが人気で、天気がよい日はテラス席が満席に! スイス国民に人気の公園へ遊びに行きましょう。

チューリッヒ湖を一望できる展望エリア

快晴の日にはアルプス山脈も遠くに望める!
パノラマビューが素晴らしい展望エリア

「パーク・イム・グリュエネ(Park im Grüene)」は、スイス国内最大の小売企業ミグロ(Migros)の創設者・故ゴットリーブ・ドゥットヴィーラーと妻・アデレ( Gottlieb Duttweiler and Adele)が所有していた土地でした。

この土地は、1964年に財団「ImGrünene」に贈与され、1967年には一般の方も利用できる公共の広場に。現在では「ドゥッティー・パーク(Dutti-Park)」という愛称で呼ばれ、地元の方からも人気の公園施設となっています。
 
こちらの展望エリアでは、パノラマビューが楽しめます。チューリッヒ湖や快晴の日には2008年に世界遺産に登録された「押しかぶせ断層」が有名なスイス東部のグラールス州やグラウビュンデン州に連なるアルプス山脈も望め、湖とのコントラストも素敵です。

ミグロ・レストランのビュッフェ式ブランチ

お好きな物を選んで、お皿にのせよう
タッチパネルを押すだけでカプチーノができあがり

日曜日のブランチは、お一人様39フラン。プチ贅沢な気分になれる、プロセッコ1杯付き。料理も飲み物に合わせて選んでみても楽しいですね。メインディッシュを楽しんだ後は、公園内を散歩してみましょう。お腹も落ち着いた頃には、食後のデザートも美味しくいただけます。

早めにお食事が済んだお子様は、ミグロ・レストラン内の、室内遊び場で遊べるので両親も安心です。

家族で楽しめるスペースも充実!

BBQが楽しめるグリルスペース

天気がよい日には、公園内でのグリルも楽しいです。誕生日会など、家族で集まればさらに楽しさ倍増です! お好みのソーセージや肉を持参し、ピクニックを楽しんでみてはいかがでしょうか。

カスペル人形劇を楽しもう!

人形劇が楽しめる野外劇場

カスペル(Kasprerli)は、スイス人なら誰でも知っているドイツ人形劇のキャラクター! 手使い人形ならではの味わいある劇は、とても人気があります。

開催日時は、3月から10月の間のみ。毎週水曜日、15時から人形劇が始まります。鑑賞は無料ですので、お子さまと行かれた際には、参加してみはいかがでしょう。

子ども向けの乗り物が人気!

ロバ乗り体験ができるコース

ロバ乗り体験は、1回1フラン。カスペル人形劇場の裏にある券売機でジェットン(Jeton)と呼ばれる、チップを購入してください。乗馬期間は、3月から10月の天気のよい水曜日と日曜日となっており、第1部は14時から15時、第2部は15時30分から16時30分までとなります。

蒸気機関車も同じく、3月から10月のみの運行です。運行時間は、14時から15時、15時30分から17時の2部に分かれています。春休みや夏休み中は、土曜日を除き毎日運行されています。

「パーク・イム・グリュエネ」へのアクセス方法

子ども達に人気の蒸気機関車

<アクセス>
チューリッヒ中央駅(Zürich HB)から、タールヴィル行き(Tahlwil)に乗車。タールヴィル駅で下車し、バス156番に乗車。リュシュリコン・パーク・イム・グリュエネ(Rüschlikon, Park im Grüene)で下車。

■パーク・イム・グリュエネ(Park im Grüene)
・住所:Alsenstrasse 40, 8803 Rüschlikon
・URL:https://www.parkimgruene.ch

いかがでしたか。快晴の日には、のんびりとブランチを楽しみながら素敵な公園で過ごすのも優雅な時間ですね。スイス・チューリッヒ観光の合間に訪れてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー