海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >交通 >アジア >シンガポール >シンガポール >【787-10飛行機模型プレゼント】シンガポール航空、ボーイング787-10の世界初就航を開始!

【787-10飛行機模型プレゼント】シンガポール航空、ボーイング787-10の世界初就航を開始!

2018年05月12日

米ボーイング社の次世代中型ジェット旅客機の中でも最新鋭の機体「ドリームライナー787-10」の就航を5月18日(金)、シンガポール航空がシンガポール(SIN)-成田(NRT)路線で運航を開始します。787-9型機を5m以上延長し、座席数も337席となった外観、ビジネス・エコノミーの2クラス構成における充実の設備とその内観の魅力にも迫ります。

ドリームライナー787-10
5月9日、成田空港に着陸した787-10

ドリームライナー787-10を世界で初めて就航したシンガポール航空は、2018年5月3日(木)、シンガポール(SIN)-関空(KIX)路線(SQ619便/SQ618便。5月18日からはSQ623便/SQ622便も)に続き、5月18日(金)、シンガポール(SIN)-成田(NRT)路線(SQ637便/SQ638便)でも運航を開始することが発表されました。年内に名古屋、福岡にも順次導入予定となる787-10は、レジャー渡航による需要、東南アジア圏からの訪日外国人旅行客の増加に対応すべく導入され、新しく搭載する最新のビジネスクラス、エコノミークラスによる、これまでにない快適な空の旅を約束してくれることでしょう。

【エコノミークラス】フィット感抜群の背もたれとヘッドレスト

座席の枕は高さと角度を変えることができる

787-10では、ビジネスクラス、エコノミークラスの計337席(2クラス)となります。エコノミークラスの製造はレカロ社製。3-3-3配列の301席で、シート幅は45.7cm。人間工学に基づいて設計されたフィットする背もたれが特徴。また、備え付けのヘッドレストは6段階の調整と折りたたみが可能となり、頭部を優しくカバーしてくれる嬉しい設計になっています。長時間のフライトで一番の悩みの種は、寝るときの姿勢と首のポジション。この座席なら、起きた時の寝違えなど心配せずに快眠できそうですね。

【エコノミークラス】シート内蔵電源、USBポートなど充実の設備

エコノミークラスでは、全席にパーソナル収納スペース、コートフックを搭載しているだけではなく、USBポートとシート内蔵電源も搭載されています。機内Wi-Fiを利用することができるのでビジネスユースにも真価を発揮するでしょう。また、搭乗客からの要望が多かったというフットレストの撤廃も787-10から実現され、足元を今までよりも広く使える設計になりました。

【エコノミークラス】全席11.6インチのフルHD画面モニター搭載

コネクトするとスマホをリモコン代わりにも使える

気になるモニターは11.6インチのフルHD画面のタッチスクリーンモニターが全席に搭載されており、1,000種類以上の映画やテレビ番組、音楽やゲームコンテンツを楽しむことができます。SingaporeAirスマホアプリをインストールしたスマホなどとペアリングすることで、リモコン代わりにも使えるほか、「マイ クリスワールド」により視聴途中のコンテンツを次のフライトで途中から再生することも可能になりました。

【ビジネスクラス】至福の76インチフルフラットベッド36席

787-10ではフルフラットベッドを実現
26インチ(66cm)のゆったり座席幅

787-10のビジネスクラスの製造はステリア・エアロスペース社製。1-2-1のどの席からでも(他の搭乗客の足を跨ぐことなく)直接通路に出ることができるスタッガード配列を採用した36席。シート幅は50.8cm(ひじ掛けを下げた状態で最大66cm)、フルフラットベッド76インチ(約193cm)という、至福のゆったりくつろぎ設計。収納可能なアームレストと、中央2列席ではお好みのプライバシーレベルに調節することが可能な仕切りも完備。ご夫婦やカップルでのご利用にも最適です。

湾曲部分には車の部品などに使われるスエード調合成皮革のアルカンターラ貼り加工がなされており、防音効果も抜群。快適な睡眠が保たれます。

【ビジネスクラス】18インチのフルHDモニターと操作コントローラー

画面は18インチのフルHDモニター
取り外し可能なゲームコントローラ付きリモコン

ビジネスクラスのモニターは圧巻の18インチフルHD画面。こちらももちろんタッチスクリーンに対応しているだけでなく、サイドにあるコントローラから操作することが可能になります。ゲーム用の十字キーやボタンがあることから、ゲーム用にも使用することができるマルチコントローラーです。その上にあるパネルは押すと読書灯の明かりを調節したりフルフラットに変形させられるワンタッチボタンです。

【ビジネス・エコノミークラス】モニターとのペアリングを推奨!

各座席で設定することが可能

787-10では、これまでのご紹介のように各座席に設置されているモニターとスマホをペアリングすることが可能になりました。設定はとても簡単。機内のWi-Fiに接続し、タッチスクリーンモニターのコネクタアイコンをタップして表示される4桁の数字か座席番号をアプリ上で入力するだけ。これだけの設定で利便性抜群のペアリングが実現できます。

【ビジネス・エコノミークラス】調整可能な電子シェード

他のドリームライナーにもある電子シェード

大型の窓や快適な機内湿度の調整など、ボーイング787の特徴はそのままに、女性人気の高い電子シェード(カーテン)も全窓に搭載されています。旧来のように手動で上げ下げするのではなく、ボタンを押して5段階の光量を調節できるようになっています。

787-10 1/200モデルの模型を抽選でプレゼント!

ドリームライナー787-10 1/200モデル
787-10でシンガポール旅行へ!

2018年の今年、日本就航50周年を迎えるシンガポール航空。この特別な年を記念し、最新の地域路線用プロダクトを搭載した世界で最も新しいボーイング787-10最初の就航を日本に決定しました。5月9日(水)、成田空港(千葉県)で787-10内覧会を開催した同社のデイヴィッド・ラウ日本支社長は、「成田や関空からのレジャー需要に合わせてエコノミークラスの座席が多い機体です。キャビンプロダクト(ネット環境やエンタメ等)も改善し、より搭乗客のみなさんの満足度が高いものになっています」と話す。

最新設備の787-10で行く、シンガポール旅行をぜひご計画ください。

■シンガポール航空 ドリームライナー787-10特設サイト
http://www.singaporeair.co.jp/787-10/

今回、この記事をご覧いただいた方の中から抽選で1名様に、シンガポール航空 ボーイング787-10の1/200モデルの飛行機模型をプレゼント!

ご応募はこちらから。ふるってご応募ください!
※応募期間:2018年5月11日(金)~5月27日(日)
※ご当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせて頂きます。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事