海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >ヨーロッパ >エストニア >タリン >究極の旅先選びマガジン『今、こんな旅がしてみたい!』発売。「2020年に絶対行くべき旅先30」発表!

究極の旅先選びマガジン『今、こんな旅がしてみたい!』発売。「2020年に絶対行くべき旅先30」発表!

2019年12月20日

旅先選びの情報誌『今、こんな旅がしてみたい!』、略して『今旅』の2020年版が発売中です。創刊12号目を迎えた本誌は、ロゴも表紙も一新、旅をより深く楽しむ&より思い出深いものにするためのアイデアを詰め込んで、2020年の旅先を提案いたします。特別付録として『イモトのWiFi特製カレンダー』が付いています。

地球の歩き方が選ぶ「2020年に絶対行くべき旅先30」発表!

地球の歩き方編集部および取材スタッフが総力を挙げて「2020年に絶対行くべき旅先30」を選びました。「絶景」「世界遺産」「フォトジェニック」「アニバーサリー・イヤー」など、さまざまなキーワードで2020年に注目すべき旅先を紹介いたします。あなたの行きたい旅先もきっと見つかります。

2020年の万博に向けさらなる進化をとげるドバイ

■ 立ち読みができる『今、こんな旅がしてみたい! 2020 』の特設ページはこちら
https://www.arukikata.co.jp/imatabi/

2020年に泊まるべきホテル

スペインのカヴァホテルほか、一度は泊まってみたいユニークなホテルが大集合

泊まること自体が旅の目的になるようなホテルを厳選して紹介いたします。インスタ映え間違いなしの「おもしろホテル」や進化著しいユースホステル、グランドオープンしたばかりの最旬ホテルを掲載。そして編集部が、特にお薦めするのは、ハイクオリティでありながらリーズナブルな料金設定の「高級ホテルのセカンドライン」です。

アートで深めるあなたの旅 [絵画編]

主要な8都市の美術館攻略法を掲載

旅行のテーマで常に上位にランクされる美術館・博物館めぐり。今回は絵画に特化して、主要な8都市のミュージアム攻略法を特集いたします。絵画鑑賞「超」入門や画家や美術館がもっと深く分かる映画リストも掲載。

現地取材で撮影した動画を観ることができます!

誌面で紹介されている場所をもっともっと知りたいとは思いませんか? 『今旅』では今年の夏から秋にかけて取材したふたつのエリアで、動画も撮影していました。ひとつ目はスイス。湖畔の観光都市ルツェルンと第一の都会チューリヒ、3000mを超える展望台に登山列車で上ることができるユングフラウ地方です。
もうひとつは、トランプ大統領の発言でも有名になった世界最大の北極圏の島グリーンランド。こちらはなんと360度動画でのご紹介です。






ページ番号横に★のついたページをスキャンすると動画が観られます

まずは無料のAR(拡張現実)アプリ「COCOAR2」を、スマートフォンやタブレットにインストール。アプリを立ち上げ、ページ番号横に★印のあるページ全体をスマホのカメラでスキャンすると、オリジナル動画が観られます。

◎無料AR(拡張現実)アプリCOCOAR2利用。
https://www.coco-ar.jp/cocoar/

App Store」または「Google Play」で「COCOAR2」を検索するか、上記QRコードを利用してスマホにインストール。

■ 立ち読みができる『今、こんな旅がしてみたい! 2020 』の特設ページはこちら
https://www.arukikata.co.jp/imatabi/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 MOOK  今、こんな旅がしてみたい! 2020

地球の歩き方 MOOK 今、こんな旅がしてみたい! 2020

地球の歩き方編集室
定価:本体818円+税
発行年月: 2019年12月
頁数:144

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース

エストニアの現地ツアー