海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >日本 >関東 >東京 >珊瑚礁からインスタントラーメンまで!?世界のなんでもランキング5選

珊瑚礁からインスタントラーメンまで!?世界のなんでもランキング5選

2021年06月25日

まもなく夏本番! 美しい珊瑚礁が広がる海に飛び込みたい

世界には実にさまざまなランキングが存在しています。データを比較できるのはもちろんのこと、ランキングをよ~く見てみると、文化や習慣など、その国や地域の思いがけない一面や知らなかった事実を発見することができます。今回はそんな奥深いランキングの世界を、少しだけ紹介してみましょう。

珊瑚礁が多い国・地域

美しい珊瑚礁に囲まれたインドネシアの小さな島、ギリ・アイル

まずは“目からひんやり”珊瑚礁ランキングからスタート! 珊瑚礁が多いところといえば思い浮かぶのは南国の島々だと思いますが、ランキングは1位インドネシア、2位オーストラリア、3位フィリピンという結果に。インドネシアやフィリピン、また5位のパプアニューギニアに共通していることは「コーラルトライアングル」に属していること。コーラルトライアングルというのは、インドネシア、マレーシア、パプアニューギニア、フィリピン、ソロモン諸島、東ティモールの6ヵ国で形成される珊瑚礁の海域で、世界のサンゴ礁の3割が生息し、600種類のサンゴ、3000種類の魚が見られる場所なんだそう。世界でも有名なダイビングスポットはこの海域に集まっていて、ダイバー憧れの地でもあります。

グレートバリアリーフの珊瑚礁は空から見ても絶景

2位のオーストラリアはご存じのとおり世界最大の珊瑚礁、グレートバリアリーフで有名。2300kmに広がる珊瑚礁地帯は、生物の群集として唯一宇宙から確認できるほどだそう!  400種類以上のハードコーラル(硬い骨格をもつサンゴ)、150種類以上のソフトコーラル(やわらかいサンゴ)、そして1600種類以上もの魚が生息しています。実は4位にはフランスがランクインしているのですが、これはニューカレドニアやタヒチなどの海外領土の数字を含めているからなんです。

島の数が多い国・地域

島が橋でつながってできた町、ストックホルム

次にご紹介するのは、水つながりの島の数ランキング。さて1位はどこだと思いますか?群島国家のインドネシアやフィリピンと思われる方が多いかもしれません。しかし答えは1位スウェーデン、2位ノルウェー、3位フィンランドと上位を北欧の国々が占めているのです。1位のスウェーデンは島の数なんと26万島以上! 特にボスニア湾は「多島海」と呼ばれ、無数の島々が浮かんでいるんです。そして首都ストックホルムは、大小14の島を50以上の橋でつないで形成されています。

映画の世界に迷い込んだようなメルヘンな町、ヴィスビィ

スウェーデンのなかで一番大きな島が、バルト海に浮かぶゴットランド島。ヴィスビィは島の中心都市で、約3.5kmの城壁に囲まれた中世の雰囲気漂う旧市街は世界遺産として登録されています。ヴィスビィはジブリ映画『魔女の宅急便』が制作される際、ストックホルムとともに参考にされた場所なんです。オレンジ屋根の家々や、その先に見える美しい海は、映画で観た風景そのもの。“バラの都”と呼ばれるだけあって、路地にはたくさんのバラが咲き誇ります。

観光客の多い国・地域

かつては「がさつ」「高飛車」などというイメージのあったパリ

続いては「地球の歩き方」らしく旅行系のラインキングをふたつ紹介していきましょう。
国連世界観光機関(UNWTO)が発表している外国人観光客数ランキングの1位はフランス。世界中の人々が憧れる花の都パリをはじめ、魅力的な観光地が目白押しです。しかし世界一となったのは地道な努力の結果でもあることを知っていますか?

フランスは『国別観光客マニュアル』を独自で作成するなど、ゲストの国によって柔軟に対応を変えてきました。ちなみに日本人の分析は「控えめなのに実は要求は高い」とのこと。さらにはミシュランをはじめ、独自の格付け文化もフランス独自のホスピタリティを発展させてきました。そんな努力が結果につながっているんですね。外国人観光客数ランキングの第2位以下はスペイン、アメリカ、中国、イタリアと、世界的に有名な観光大国が続きます。

日本人が多く訪問している国・地域

アメリカの日本人観光客数はハワイとグアムが半数以上を占める

日本政府観光局が2019年に発表したデータ※によると、日本人が多く訪問している国ランキングの1位はアメリカで349万3313人。次いで韓国が294万8527人、中国268万9662人でした。ただ、アメリカの数字にはハワイの約150万人、グアムの約56万人が含まれ、アメリカ本土だけでいうと約144万人で第5位となる計算です。日本人の圧倒的なハワイ愛が見てとれますね。※旅行者数は2018年の数字

ということで実質的には韓国が1位という結果に。1988年のソウルオリンピック開催を機に日本人への短期滞在ビザを免除すると急激に渡航者が増加。2000年代の韓流ブームでは日本人のみならず世界中から観光客が押し寄せました。またここ数年は韓国ドラマやK-POPの世界的人気により渡航意欲に拍車がかかっていました。新型コロナウイルスの流行で現在渡航が制限されていますが、海外旅行の解禁後は人々の旅先選びのポイントや旅行スタイルが変わってくるかもしれませんね。

インスタントラーメンをよく食べる国・地域

ブテチゲには必ず入っているインスタント麺

最後に紹介するのは、暑い夏でもハフハフいいながら食べたいインスタントラーメンのランキング! インスタントラーメンのひとり当たりの年間食数を見てみると、トップ10すべてがアジアの国々なんです。ちなみに日本は第7位。インスタントラーメンは日本生まれで、日清食品の創業者、安藤百福が作った「チキンラーメン」が世界初の即席麺でした。これが世界、特にアジアに広まり、各地で独自の進化を遂げていったのです。第1位は韓国で、国民食といわれるほどに愛されスーパーで箱買いする姿も珍しくありません。飲食店や屋台でも即席麺を使うのが一般的で、それらの光景は韓国ドラマ・映画でもおなじみですね。

2位のベトナムでは小麦粉のほかに米粉で作った麺のフォーを使った商品が多いのも特徴。朝食や夜食に食べる人が多いそうです。一番人気のフレーバーはトムチュアカイ味(エビ風味に辛味と酸味が加わったもの)。

3位のネパールでは、調理せずにスナックとして食べる習慣があるため、あらかじめ調味料で味つけされているブラウンヌードルが人気なんだとか。インスタント麺といっても国によって種類も食べ方もさまざまでおもしろいですね!

世界中のさまざまなおもしろランキングを集めた新刊が登場!

表紙のイラストは何のランキングを表しているか分かる?

ご紹介した5つのランキングのほかに、全部で130の興味深いランキングを集めて解説した『世界なんでもランキング』が、地球の歩き方【旅の図鑑シリーズ】から新登場!旅行はもちろん自然や文化、経済まで順位から見えてくる世界各地の習慣やトレンド、抱えている問題を、あらゆる角度から紹介しています。楽しく世界を学ぶのにぴったりの一冊です。

巻頭特集では地球の歩き方スタッフが選んだ旅ランキングを掲載
旅行、自然、経済と産業、社会と人々、日本の5章で構成

■W06 地球の歩き方的!世界なんでもランキング
・URL: https://hon.gakken.jp/book/2080162800

写真:©iStock

≫≫≫(関連記事)「世界の都市をいろんな角度から見てみると、これまで知らなかった新たな一面が見えてくる!」の記事はこちら

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 W 06 地球の歩き方的!世界なんでもランキング

地球の歩き方 W 06 地球の歩き方的!世界なんでもランキング

地球の歩き方編集室(編)
定価:本体1,760円
発行年月: 2021年06月
判型/造本:A5
頁数:256
ISBN:978-4-05-801628-2

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース