海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >旅の情報 >日本 >九州 >鹿児島 >【射楯兵主神社・釜蓋神社】鹿児島パワースポットの旅

【射楯兵主神社・釜蓋神社】鹿児島パワースポットの旅

2018年03月04日

盛り上がる鹿児島 ©iStock

 お願い事を叶えたい!心もカラダもスッキリしたい!そんなときは、パワースポット巡りですね。鹿児島県にはパワースポットが沢山あります。釜の蓋を頭にのせて拝殿まで歩く「釜蓋神社」に、願いによって鳴らす回数が違う鐘、昔からの縁起物タツノオトシゴに会える「タツノオトシゴハウス」。そして天孫降臨で知られる「霧島神宮」。鹿児島の定番から知られざるスポットまでご紹介します。

釜の蓋を頭に?釜蓋神社

釜の蓋を頭にのせて拝殿まで歩けるかな?

 鹿児島で、いま大注目のパワースポットと言えば「釜蓋神社」です。御祭神はスサノオノミコト。武の神様で厄除け・勝負運・開運にもご利益があり、芸能人やオリンピック選手も訪れる話題の場所です。こちらでは釜の蓋を頭に乗せて拝殿まで落とさずに歩ければ、願いが叶うと言われています。釜の蓋には二人用もあり、大中小それぞれの大きさでチャレンジできます。

大中小とある釜の蓋
神社裏にある釜ふたの形をしたベンチ

 また、最近では拝殿の天井にある龍の絵を携帯などの待ち受けするといいことがある、とも言われていて、訪れた人達はベンチに横になりながら必死に撮影していました。神社の裏には開聞岳を望む絶景スポットもあり、釜の蓋の形をしたベンチに座って、ゆったりとした時間を過ごすこともできます。

■射楯兵主神社(釜蓋神社)
・住所: 〒 891-0704 鹿児島県南九州市頴娃町別府6827
・URL: http://www.city.minamikyushu.lg.jp/kankou/kanko/sagasu/echiiki/kamafuta.html

鐘を鳴らして、タツノオトシゴに会おう【番所鼻自然公園】

願い事によって鳴らす回数が違う吉鐘

 南九州市の観光スポットで欠かせないのが「番所鼻自然公園」です。江戸時代に日本地図作成のため日本中の海岸を歩いた、かの伊能忠敬も「けだし天下の絶景なり」と絶賛したという場所です。開聞岳と空と海。目の前に広がる大パノラマの絶景は地元の方はもちろん、県外からも多くの方が訪れます。ここに行ったらぜひ体験したいのが「吉鐘」です。願い事によって鳴らす回数が違うというこの鐘を鳴らせば、優しい鐘の音が響き渡ります。

開聞岳をのぞむ絶景
公園内にあるタツノオトシゴハウス入口
さわってお願い事を唱えよう
タツノオトシゴグッズも沢山

 そんな番所鼻自然公園内にある「タツノオトシゴハウス」は、日本で唯一のタツノオトシゴの観光養殖場です。実はタツノオトシゴはオスがメスから卵を受け取り、育児嚢(いくじのう)と呼ばれるカンガルーのような袋でその卵を保護し、ふ化させ出産するんです。そんなタツノオトシゴの生態を知ることはもちろん、タツノオトシゴを使った開運グッズも豊富にあり、タツノオトシゴの世界を堪能できます。

■番所鼻自然公園・タツノオトシゴハウス
・住所: 〒891-0704 鹿児島県南九州市頴娃町別府5202-2
・URL: http://www.seahorseways.com/html/bandokorobanapark.html

天孫降臨伝説の地へ【霧島神宮】

霧島神宮

 南九州最大の規模と歴史を誇る「霧島神宮」は、一日中参詣する人があとを断ちません。ご祭神は天孫降臨で知られる、天照大神の孫に当たるニニギノミコトで、開運・起業など事始めの神様とされています。最近では縁結びとしても有名です。華麗で繊細さが伝わる拝殿・本殿に正対、手を合わせましょう。

霧島神宮 本殿

 この近辺には霧島の七不思議や山神社、古宮址などパワーあふれる場所が点在し、日常の喧騒を忘れさせリフレッシュさせてくれます。お願いすればボランティアガイドさんが霧島神宮を案内してくれます。その中でもまだ知られていないという「山神社」を案内してもらうと・・・。そこは、榊の木に囲まれた静寂な場所。拝殿とはまた空気が違うのを感じます。

隠れたパワースポット「山神社」
御朱印もいただきます

 とにかく大きく深呼吸をしたくなる、そんなパワースポットでした。御朱印をいただくのもお忘れなく。

■霧島神宮
・住所: 〒899-4201鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
・URL: http://www.kirishimajingu.or.jp/


 温暖な気候で、年中過ごしやすい鹿児島県。観光スポットも多く美味しいグルメも豊富な鹿児島には、パワースポットも多数あり、まだまだ知られていないスポットもあります。ぜひ一度訪れてみてくださいね。

記事:AIKO
※本記事は、「日本の歩き方」内、「おでかけガイド」に2015年3月31日に掲載されたものです。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事